ラブホテルを社会見学のつもりが・・・

kage

  • 遊びに行った帰りに送ってもらう車の中で「ラブホテルへ行ったことないの」と話してたら、「じゃあ、社会見学で見に行ってみようか。何もしないから」と言われて、ちょっと興味が沸いて行ったら、
    やっぱりそんな事なくて・・・初体験しちゃいました。

    私はその時19歳で、相手の人はバイト仲間の2つ年上の友達です。
    でも、一応好きな人だったから良かったんですけど。

    初めて入ったラブホテルは大きなベッドと、広い浴室と浴槽、ハデハデしい内装には笑えたけど、マッサージチェアやカラオケにゲームもあって設備が普通のホテルより充実していてビックリしました。
    特に岩盤浴も出来るお風呂は、お風呂大好きっ子の私にとっては感動的で、「入ってみた~い」と言ったら勧められたので、「覗かないでね」と言って一人で入りました。

    そして、満喫して元いた部屋に戻ったら、部屋と浴室との壁がマジックミラーになっている事に気づきました。
    友達の顔を見たらニヤニヤしてて・・・つまり・・見られていたんです。

    「覗いてたでしょ!!」と問い詰めたら、「覗いてないよ、最初から見えてただけ」なんて、言い訳にもなってない事言われて・・・。

    さっきまでのを全部見られていたかと思うと、立ち尽くしたまま恥ずかしくてクラクラ眩暈がするぐらいに顔が真っ赤になりました。

    そして、友達も私の後に「見るなよ」と言い残してお風呂入りに行きました。
    「見るなよ」とは言われたけど、私は見られてたし男の裸を見た事なかったので少し興味もあって、ちょっとだけ・・・。
    あそこは毛に隠れていてイマイチ見えなかったけど、チラチラと見ては一人興奮してしまってました。

    友達が上がってきてからは「見ただろ」と聞かれて「見てない」と嘘ついたけど、「顔がが真っ赤だぞ。見てたからだろ」と指摘されてしまい、必死に否定するほどに自分でも分かるほどに顔が真っ赤になっちゃって・・・。
    そんな掛け合いをしていたら、いきなり抱きしめられて、キスされて、胸揉まれて・・・。
    私も少し感じてしまって抵抗しないでいたら、そのままベットへ連れて行かれました。


    「見た目は細いのに腹筋も割れてて筋肉質なんだ」とか感心してたら、固くなったアレを持ってきて「さすって」と言われて、已む無く手に取り握って擦ったら、「これがHのマナーだよ」なんて言われて・・・。
    お風呂上りなのに顔が真っ赤になる事の連続にのぼせたみたいになってグッタリしてる内に、ドンドン進められて気付けば友達がコンドームをつけてて、アレを私の大事な所に押し当てられた時はさすがに緊張しました。

    「友達は私が初めてだって知らないかも?」と思い出したけど、緊張してて上手く言い出せないでいる内に入ってきて・・・。
    処女を喪失しました。

    最初はビリっとした鋭い痛みがあったけど、その後は鈍痛がある程度で痛くなかったです。
    私は生理痛が重たい方なので、痛みに免疫があったかも。

    気持ち良いとまではいかなかったですが、彼の動きが激しくなるにつれ感じていました。
    友達がいって終わってから、しばらくの間、私と繋がったまま話しかけられてキスされたんですが、それがなんか照れくさいけど嬉しかったです。

    やっと離れてから一緒にシャワーを浴びて、見学して休憩だけのつもりが宿泊する事になって、友達がフロントへ変更の電話をして二人で寝ました。
    でも、すぐに眠れるわけがなくて、シャワー浴びたばかりなのにもう一度Hしてから・・・。

    とうとう友達には私が初めてだと言わずじまいだったので、気付いてないと思います。
    友達とはその後も数回だけHしたけど、交際までは発展しなかったです。

    恋人ではなかったけど好きな人だったので、それはそれで後悔もしてなくて良い初体験でした。



  • 発掘美少女 天然処女 AVデビュー 黒川みなみ

    発掘美少女 天然処女 AVデビュー 黒川みなみ

    バージン美少女のデビュー作。過去に彼氏は3人いたのにエッチはしたことが無い彼女。オクテな草食男子に愛想を尽かして自らAVに応募!ハキハキ返答していた美少女の顔が肉棒挿入とともに苦痛に歪む。○校1年生の初オナニー以来4年間溜め続けた性欲と処女膜貫通の痛みがぶつかりあいます。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

初体験は大学1年生の秋

kage

  • 私の初体験は大学1年生の秋に、入学してすぐに告白されて交際を始めた彼とです。

    別に好きとかっていう感情があった訳ではないです。
    私は高校まで女子校育ちなので、異性から告白されたのも初めての経験で「交際してほしい」と言われても交際するって恋愛感情がよくわからなくて、分からないままに「友達からでもいいから」と言われて応じました。

    同性の友達なら知り合って仲良くなったら友達ですけど、「友達になって」と宣言されて友達になった事もなかったし、同性と異性の友達とは何が違うのか分かってなかったです。
    それに恋人がいる状態って、どんな感じなのか本当に分からなかったですが悪い人には見えないし、むしろ良い人に思えて断る理由もないから断って傷つけたくないし、断り方も知らなかったのもあって友達から交際を始めました。

    最初は同性の友達と同じように接していて、向こうもそんな風に接している風に思えました。
    でも、デートしている間に手を握ってたり肩を組んだりされて、1ヶ月ぐらい経った頃にキスをされました。
    それでも特別な感情を彼に抱くことはなかったのですが、同性の友達とはしない行為をするようになって、同性の友達との違いを感じだして、違う接し方をしないとダメなんだと思い始めて、それからは私にとって「特別な人」扱いで接しましたが、まだ特別な感情とか恋愛感情はなかったです。

    それからは少しずつスキンシップも増えて服の上から触られたり抱きつかれたりして、夏に泊りがけの海水浴に行った時は同じ部屋の同じベットで寝ました。
    その時に私の裸も見られて、私も彼の裸を見ました。
    私は一人っ子で家族に男性は父親だけいましたが※※生の頃は単身赴任していて年に数回しか会わないので少し距離感があって、㊥学生になってからは一緒に住んでいたけど裸なんて見たこともなかったので、初めて見た男性の裸のアソコとかには大変驚きました。
    その時はいつも以上にスキンシップはありましたが、それでも最後まではなかったです。

    そして、夏が終わり秋に差し掛かった頃に、一人暮らししている彼の部屋へ何度目かのお泊りをしていて、その時に初体験しました。
    夏休みの海水浴旅行では下着のまま抱き合って寝ていたのでお互い裸にも慣れていて違和感はあまりなかったです。
    初体験の瞬間は聞いていた通り少し痛みはありましたが我慢できないほどではなかったです。
    気持ちよくはありませんでした。

    初体験の最中も終わってからも、「みんなはどうして、こんな事をするんだろう?」と考えていて、終わってから彼は私に「ありがとうね」と言ってくれましたが、何がありがとうなのか分かりませんでした。
    翌日から今現在も彼は私の事を、より「特別な人」扱いしてくれて大切に優しく接してくれている風に感じています。
    初体験しただけで何も変わってないのに不思議な感じもしますが、大切にしてもらえていると感じるのは大変嬉しいです。

    でも、ハッキリ言って、私は未だに恋愛感情がどんなものか分かっていないと思います。
    彼の事は嫌いではないですし私にとって大切な人で、これからも交際を続けたいですが、それは同性の親友とも同じ事です。
    彼には幸せになって欲しい、喜んでもらいたい、とは思っているので彼の為に尽くしてあげたいのですが、何をしたらいいのかが分かりません。
    元々、私は親からも友達からも無表情無感情ってよく言われてて、自分では意識していないですが感情の起伏がないみたいなのです。
    こんな私が、彼に恋愛感情をどうすれば持てるのか、どう表現したらいいのかが分からなくて今悩んでいます。

  • 【個撮¥キモ男】瑠璃猫(コス)④両思いと勘違いした豚君と泣いて中出しを拒むレイヤーの泥沼SEX

    【個撮¥キモ男】瑠璃猫(コス)④両思いと勘違いした豚君と泣いて中出しを拒むレイヤーの泥沼SEX


  • 処女喪失 直後に前代未聞の9連続生中出し!! 朝まで経験人数0人だったアイドルが夜には経験人数2ケタに! 沖縄ご当地アイドルグループ卒業後、やっぱり有名になりたくてAVデビューした18歳女子大生 新垣瑠璃(仮名)

    処女喪失 直後に前代未聞の9連続生中出し!! 朝まで経験人数0人だったアイドルが夜には経験人数2ケタに! 沖縄ご当地アイドルグループ卒業後、やっぱり有名になりたくてAVデビューした18歳女子大生 新垣瑠璃(仮名)

    人通りの多い駅前でダンスを踊る謎の美少女。その正体は、沖縄ご当地アイドル卒業生。でも、今は無名の地下アイドル…「また活躍して有名になりたい!」という彼女の願いをディープスが叶えます!青春時代をアイドルに捧げてきた彼女が、処女喪失直後に9人連続生中出し!衝撃デビューで目指せAV界のトップアイドル!



19歳の夏。

kage

  • 私の初体験は大学2年生だった19歳の夏です。
    周りの友達は半数が経験済みで少し焦ってました。

    他大学と合同の飲み会があって、1年の時から憧れていた人と隣の席になれたのが嬉しくてハイテンションで飲んで話してたら、調子に乗りすぎて酔いつぶれて・・・
    でも、そしたら憧れていた人から「ごめんな、お酒勧めすぎた」って謝られ介抱してくれて、私は一人暮らししていたんですけど、憧れの人も最寄り駅こそ違えど徒歩でいける距離に住んでて、私の部屋まで送ってもらう事になりました。

    送ってもらう途中にも酔いが進んで、部屋に付いた頃には一人で立てず部屋の鍵も開けられなくて、ベットまで運んでもらい寝かせてもらいました。

    「のど渇いたから水貰うね」と言うから「冷蔵庫にミネラルウォーターがあるよ。私にも頂戴」って答えて、私も飲ませてもらうと、なんか良い雰囲気で気持ち良くなって、憧れの人の肩に手を回すと頬をすり寄せて抱きつきました。
    憧れの人の顔がすぐ横にあり、目が合った瞬間キスされました。
    キスもその時初めてです。

    私は内心、「ああ、憧れの人で処女捨てられるんだ」って思いました。

    その内、舌が入って来て、キスしてる最中に空いた手で私の服を脱がしてブラのホック外し、胸を揉まれて・・・なんかとろけそうに気持ち良かったです。
    挿入された時は正直痛かったですが、火照ってたから全裸になると涼しくて、憧れの人の体温だけを感じつつ爽やかな気分で抱き合いながら処女を喪失しました。
    ただし、その後は酔いつぶれ寝てしまって覚えてないんです・・・

    翌朝、目覚めた時はこれは夢かなと思ったんですけど、ちゃんと横には憧れの人が寝ているのを見て、現実なんだと思うと嬉しかったです。
    起きてから「私、処女だったのに。責任取ってよね!」と悪戯ぽく困らせようと思って言ったつもりが、予想外な事に「そのつもりで抱いたから責任取るよ」と嬉しい事を言われ、私はもうメロメロになってしまって顔なんか真っ赤になりました。

    そして、今では憧れの人が私の彼氏です。
    友達よりは少し遅めだったけど、私にとって最高の初体験の出来事でした。

    後、言い忘れましたが初フェラもその時にしちゃってます。
    起きてから、寝てしまい覚えてなかったので、もう一度Hをやり直そうとしたけど、シラフだととても痛くてフェラで気持ちよくさせてあげて、イッてもらいました。


  • 現役音大生バレリーナ 処女喪失 18歳の純真無垢で従順なお嬢様 幼い頃から英才教育を受け大切に育てられた少女が初めての反抗期! すべてが初体験…未熟なおま○このロストバージンの記録… 御園さよ

    現役音大生バレリーナ 処女喪失 18歳の純真無垢で従順なお嬢様 幼い頃から英才教育を受け大切に育てられた少女が初めての反抗期! すべてが初体験…未熟なおま○このロストバージンの記録… 御園さよ

    本物バレリーナ少女がAVデビューで衝撃の処女喪失!純白無垢な美少女が華麗な大人の白鳥になるためにチ○ポの味を知りSEXの快楽を覚えていく!初めて尽くしのプレイで軟体ボディが身悶え敏感な処女マ○コから溢れだす本気汁がチュチュとレオタードを濡らし従順な少女が華麗な白鳥に変身する姿をお楽しみください!



34歳処女。

kage

  • 35歳ですが去年初めてセックスをしました。

    お相手は10年ほど前に同じ職場で働いていた一つ年下の人です。
    私は彼が好きでしたが、当時、彼にはお付き合いしている同僚の人がおり、私は自分の好きだという感情を抑えて同僚として接していました。
    その後、会社は業績が悪化し賃金削減等もあって優秀だった彼は転職してしまい、当時働いていた職場もリストラで閉鎖。
    その後、私も数年勤めた後に辞めました。

    彼が退職する前に連絡先だけは知っていたのですが、唯の同僚だった私はなかなかキッカケが掴めず電話が出来ないでいる内に電話番号も住所も変わってしまい、音信普通になりました。

    それから10年ほどの歳月が流れ、私もすっかりおばさんで恋に時めく年頃でもなくなり、恋愛のれの字も忘れた時間を過ごしていた時に、駅でバッタリと彼に再会しました。
    一瞬、当時の記憶が甦り錯覚を覚えるかのような20代半ばの若かった面影のままの彼が目の前に現れたのです。

    10年ぶりの再会にも関わらず、毎日一緒に働いている同僚かのような親しげな会話を交わし、少しお茶して話すつもりが食事となり、お酒も飲もうと誘われ居酒屋さんで呑むことになりました。
    思わぬ再会で止め処もなく昔話に花が咲き、今のお互いの事も語りつくしました。

    私は10年間抑えていた感情が抑えきれなくなりました。
    しかし、まだ結婚はしていなかったものの、彼には彼女がいるという悲しい現実もありました。
    それでも悲しい現実よりも抑えていた感情が優り、最後の一線を踏み外します。

    彼には彼女への背徳感があり最初断られました。
    私も彼に悪い事をさせようとしているのは分かっていましたが、10年前から好きだった事、私が処女である事、全てを打ち明け、たった一度でいいから人生で最初で最後になるかも知れない、この想いを成就させて欲しいとお願いしました。

    彼は何も言わず私を抱きしめて応えました。
    ホテルの一室で二人きりになり気づくとブラを外し胸を揉まれ、服も下着も脱がされて愛撫をされました。

    緊張して怖がっている私に優しい言葉をかけてくれて、彼が入ってきた時には我慢できず「痛い」と漏らすと、一度抜いて起きあがり話をしたり、抱きしめてリラックスさせてくれたりもしました。
    その後、長い間愛撫をされて、もう一度「入れるよ」と言われ入ってきた時には初めほど痛くはなかったです。
    彼が言うには私はかなり濡れていたそうです。

    「入った?」と聞く私を入ったまま起こして座らせると、「ほら、入ってるよ」と言いながら結合部を見せてくれました。
    「痛かったら動かないよ、入れてるだけにしようか?」と言う彼に私は「大丈夫」と答えました。
    彼はゆっくりと動いてくれたので、そんなに苦痛はなかったです。
    痛みよりもその時は本当に嬉しくて幸せな気持ちでした。

    終わった後も優しく労わってくれて、二人でシャワーを浴びるのを待っている時、私の太股を一筋の血が足元まで流れ落ちました。
    それを見た彼は、出血して汚れた私を優しく洗い流して身体を洗ってくれました。

    翌朝の早朝にホテルの前で彼とキスをしてお別れを言いました。
    徐々に小さくなっていく彼の後姿を見て、とても寂しかったですが悲しくはありませんでした。

    連絡先だけでも交換しようと言ってくれた彼の申し出を私は断り、彼の連絡先は知りません。
    おそらく彼と再会するような偶然も、この先もう訪れないと思います。

    最初で最後の一度きりの彼と初めてのセックス、出来て良かったと思っています。
    後悔はしていません。


  • こんな美少女、来ちゃいました。 @06

    こんな美少女、来ちゃいました。 @06

    純粋、無邪気、奇跡の透明感、東北出身、18歳、透きとおる白い肌、ショートカットの‘ほぼ処女’が「初めての人はSEXが上手な人がいい…」と自ら志願してスタジオへやって来た。‘こんな時代にまだこんな子がいたの!?’を目の当たりにしました。



初体験は社会人一年目23歳。

kage

  • 初体験は社会人として働きだした23歳を過ぎた頃です。
    コンパに誘われても積極的になれず、気付いたら取り残されて余った人同士気まずい雰囲気がいつもの状況でした。
    そんな私が異動で移った新部署の先輩に惚れてしまい、思いきって自らメルアド交換をしました。
    先輩とは同じ部署でも毎日会う事がなくて、メールも来ないまま2週間がたった頃にやっとメールがきました。

    『明日○○○で会いませんか?』と言うお誘いメールだったので、嬉しくて速攻返事して、その日デートしました。
    それからも何回かデートして、自然と打ち解けてムードが良くなるとホテルに誘われたのです。

    実は、一人の人とだけ恋愛をして結婚するまでは処女でいたいと古風な考えをを持っていました。
    私には親友二人がいるのですが、二人とも㊥学高校の頃からずっと同じ人と付き合っており、そんな人が私にも現れないかと憧れていたから、本当に結婚しても良い位好きな人になら処女をあげてもいいと思いホテルへ行きました。

    初めてだと言うと彼はびっくりしてたけど、部屋に入ってからも私が決心つくまでじっと待ってくれて、私が先に1人でシャワー浴び、その後に先輩もシャワーへ。
    先輩がシャワーから出て、ベッドで横たわる私の横にきてバスタオルを剥ぎ取りキスしながら胸を揉みます。
    怖くて目をつぶっていたけど、段々気持ち良くなってきて自然と喘いでる自分にびっくりしました。

    そしていよいよ彼のが入ってくる瞬間、やっぱり怖くなって起き上がろうとした瞬間、腰を持たれて入れられました。
    初めてであまり濡れてない所に入れられて、メリメリって音したんじゃないか?って位痛かったです。
    本当は先っぽしか入ってなくて、それからゆっくりと最後まで入れられ、痛みが治まるまで動かないでいてくれたけど、その後はめちゃくちゃ突かれまくりでした。
    なぜか冷静なもう1人の私がいて、先輩が腰を動かすのをカウントしてました。
    先輩には、初めてなのに出血しなくて処女だと信じてもらえなかったです。

    でも、好きな人とエッチ出来て嬉しかったです。
    これで暫く付き合ってから結婚するんだと心に誓いました。

    しかし、先輩には私と知り合う前から別居している奥さんがいる事実を知りました。
    先輩からは奥さんとの仲は冷え切っていて近々離婚するつもりとの説明を受け、バツ1でも良いからと先輩を信じて交際を続けたけど、翌年には奥さんとの仲が戻り、しかも奥さんが妊娠して別れを切り出されたのです。
    その頃には先輩との関係が社内でも噂に、悼まれなくなり退社。
    それからは結婚に夢が持てなくて男性不信なり、不倫ばっかりする女に成り下がりました。



  • 処女をこじらせた25才 処女喪失の一部始終

    処女をこじらせた25才 処女喪失の一部始終

    キスの経験も無い現役フラメンコダンサー・香月沙世さんと、レズっ気のあるHカップの巨乳・岩崎香奈さんの2人が、処女を卒業する瞬間を完全密着ドキュメント!なにもかも初めてのキス、初めて見るチ○ポ、初めてのフェラ、初めてのSEX…。彼女達がオトナになる瞬間をどうぞご覧下さい。



処女と童貞の初体験。少し後悔・・・

kage

  • 私、今19歳で専門学校に通ってるんですけど、処女のままってやっぱりまずいですよね?
    今まで付き合った人数は3人です。
    高校は女子高だったから男性と付き合いだしたのは専門学校に入ってからだし、人数的には普通なんじゃないかなって思いますけど、私は超貧乳(笑)で、知られたら嫌われる気がして、チューまではもちろんあったんですけど、それ以上は拒否してました。
    お尻撫でられるのはいいのですが、胸は触らせません(笑)

    でも、今年で専門学校も卒業だし、処女のまま社会人になるのは、まずいって思い始めていたんです。

    今は彼氏いないんですけど、バイト先の1つ年上の大学生から言い寄られてて、その人と付き合えば確実にその人とやることになると思うんですけど、
    あまり彼氏タイプじゃなくて…。
    実は専門学校のクラスメートに1年の時から良いなと片思いしている人はいて私との仲も良いんですけど…童貞なんです(笑)
    本人が言っていました(笑)

    初体験は「すごい激痛を覚悟しなくちゃいけない」と聞いてて、しかも相手が童貞ならヘタで自分本位にするから尚更。
    初体験で失敗したらトラウマなってH恐怖症になるから上手い人を選ぶんだよって、私は親友から説得?みたいに言い聞かされていたから、怖くて怖くて(笑)
    でも、他の友達はみんな初体験の相手は童貞が良いよねと言ってます。
    1度きりの初体験だし、他の女の人とやってたり、遊びで軽くやられるのはやっぱり嫌だから、どっちが正しいのか悩みました。

    どちらかと言うとバイト先の大学生は経験豊富な遊び人タイプで、他のバイトの子とも仲良くて、私も遊ばれてる気がするんですよね。
    だから悩んだ末、クラスメートの子と初体験するつもりでコクって付き合いました。
    自分が好きな人と好きにやってなら後悔しないって思って(笑)


    それで付き合いだして1ヶ月後ぐらいに…やっちゃいました。

    初体験の感想は…とにかく痛いの一言です(泣)
    童貞だから上手く入れなれなくて、痛いのに何度も何度も失敗してはやり直してやっと…
    入ったと思っても何度も何度も動かれますから、ずっっと痛くて泣いてました…
    それからもデートの度に毎回求められて、Hするために私と付き合ってるみたいな感じでデートが前菜扱い、Hがメインデッシュです。
    それまで付き合った人とはHはしていなかったですから分からないですけど、そんな気がします。
    付き合う前は良いなと思って好きだったのに付き合いだしたら思っていた感じと違って…。

    そんな落ち込んでいた時にバイト先の飲み会があって、例の大学生と良い感じになって送ってもらうはずが…お持ち帰りされちゃいました(恥)
    Hしてみたら、別世界と思えるぐらいHの仕方?が違って気持ちよくて、初めて感じるって感覚を覚えた気がします(恥)
    少しH恐怖症になりかけていたのに、彼とならまたHしてみたい気になりました。

    でも、やっぱり私の方からコクった彼氏ですから好きでHさえなければ良い人なんです。
    大学生の彼はやはり軽い遊び人タイプみたいで、私に彼氏がいると知って上でお持ち帰りするのですから私とも遊びだと思います。
    そんな彼だと分かってるのに簡単にお持ち帰りされた私は、人の事をとやかく言える立場ではありませんが…(恥)

    大学生とのHを覚えた今は、彼氏とのHが前より苦痛になっていて…正直もうHしたくないのです。
    私からHをリードできたら良いのですが、どこで覚えたのか聞かれたら答えられるはずも無く…そんな事言えません。
    心は彼氏、体は大学生の彼へと、なびいており真面目に悩んでいます。


  • 平成7年3月31日生まれ 業界最年少の沖縄娘が顔を真っ赤に染めて処女喪失 与那嶺さくら 18歳

    平成7年3月31日生まれ 業界最年少の沖縄娘が顔を真っ赤に染めて処女喪失 与那嶺さくら 18歳

    男性との接点がなく、すぐに赤面してしまう恥ずかしがり屋の純朴少女。漫画を見てやってみたという独特なオナニーを披露したり、痛みに耐えながらも気持ち良さも感じれたり、素敵な処女喪失&AVデビューとなりました。



歳の離れたパツ1の人を好きになった処女

kage

  •  私はこの夏、大人になりました。

    少し前に始めたバイト先に気になる人がいて好きになりました。
    でも、その人とはとても歳が離れていて彼には離婚経験もあります。
    今は一人身なのですが…。

    ふとしたことからお互いの趣味の話を少しするようになって連絡先を聞き、ほぼ毎日電話するような関係になりました。
    私はあからさまに『好き』とかそういうのを態度は見せていないんですけど、経験豊富な彼には私が好意を抱いていることはお見通しだったのでしょう。
    その電話で何かのきっかけにデートしようみたいな話になってデートの約束をしました。。


     お互い仕事の日に終わってから会う事になりました。
    とりあえず食事をして映画を見ることになって、食事中に話していると電話で『付き合った事ある。少し前まで彼氏いた』という嘘はバレていました。
    『男の手を触った事もないよね』『手を繋いでやろう♪』などと、恥ずかしがる私をからかうような会話はあふれていました。

    映画が始まった途端、手を繋がれました…。
    それだけでドキドキしていて映画どころではなかったのに、しばらくしてから今度はその手を彼側に引き寄せられて肩を組まれました。

    緊張とドキドキと彼の体温で、頭が真っ白です。
    繋がれた手と組まれた方をずーっと触られていました。


     そして…。
    彼がこちらを見た気がしたので、私も彼の顔を見ようと少し上を向くと、数秒見つめあう状態が続いたあと、キスされました。
    『大人』という感じの優しく、柔らかく、あたたかい感じがする数回のキスを…。

    舌を入れられたときは思わずビクッとしてしまいましたが一度出してくれました。
    手と肩を触っていた手が胸に来て…下着をよけて乳首を触られます。
    異性に胸を触られるなんて初めてで心臓が飛び出しそうで死にそうな勢いです。
    そこでまた、ディープキスが来て狂いそうになりました。
    『力抜いて』と言われて、初めてでガチガチに力が入っていたのに気づきました。
    その時はそれだけで終わりました。


     それからも電話は続いていても仕事中は普通に接していました。
    そして数日後、仕事中に『おなかすいた」と彼が言い出して『ステーキ食べに行こう!』とか冗談丸出しの会話をしていたんですが、彼が上がる時『どうするの?本当にいく?』と言われて結局行くこと6なりました。
    でも、時間的にステーキが食べられるようなお店は満員で、やむなく居酒屋で食事をしていて、食事中に『この後どうするの?カラオケ?ホテル?(笑)』と聞かれましたがホテルなんて言えないし、あいまいに流してとりあえず、お店を出ると、出たとたんに手を繋がれて『しょうがない、大人の世界を教えてあげよう。』『もう後戻りは出来ないからね』などと言われ…ホテルへ行きました。

    部屋ではビールを飲み、カラオケを歌っていました。
    少し話をしていると『疲れたからお風呂入ってくる』と言い残してお風呂へ行き、上がってくると『お風呂空いたよ。入っておいで。』と言われ、今度は私が入ってお風呂から上がってきても、特にいつもと何も変わらない様子で少し安心しました。


     そして、『さ、寝ようか。』といわれベッドに向かいました。
    横になる寸前、「私寝相悪いですよ」と言うと『いまさら遅いよ』と腕枕をしてくれて、私の頭を彼側に引き寄せられました。
    しばらく固まってしまい動けないでいると優しくキスされました。
    それがずっと長く続きます…。

    彼が上に乗るような感じになって、胸を触られました。
    心臓ドキドキで呼吸するのも忘れそうなぐらいです…。

    浴衣を脱がされて胸が丸出しになります。
    少し明かりもついていたので丸見えですごく恥ずかしくて、舐めたり吸われたりもしました。
    下着も脱がされて、下を舐めるようとする彼にすごく恥ずかしくなって「ダメ、ダメ!」と叫んでいました。

    『イヤなの?やめる?』と優しく聞いてきて答えずにいるとキスされました。
    再開して結局舐められて、恥ずかしくておかしくなりそうでした…。

    ついに入れられる時、入れる寸前にはもう痛くて痛くて抵抗しまくりでしたが、彼は入れようとしています。
    『もうちょっと』『頑張れ』と耳元で囁かれ、そして入った時には 『入ったよ』と教えられました。
    痛くて死にそうでした…でも一緒になれた事が嬉しくて…。
    それからも何回か最後まで…しました。


     その後も仕事中は何事もなかったかのように私と接し続けていて、職場の人は誰も私と彼との関係には気付いていないでしょう。
    彼は離婚経験がトラウマになっていて、『もう結婚も恋愛もしたくない』と言っているので、私との関係が進展する事はないと思います。
    でも、やっぱり私は彼が好きなんです。

    私の初めてを全部奪った彼なので、彼に本気で愛されなくても、私は本気で彼の事を愛しています。
    暇があるならまたデートもしてもらいたい…。
    キスだってしてもらいたい…。
    また彼と一緒になりたいです…。


  • 処女喪失 夏海葵

    処女喪失 夏海葵

    アイドル以上のビジュアルを持つ美少女!なぜ彼女が処女なのか?なぜ1本限りのAV出演を決めたのか?エッチな事に興味はあるが、ち○ちんは幼い頃お父さんのモノしか見たことがありません…そんな純情娘がカメラの前ではじめて見せる自分の裸!咥えるち○ちん!そして挿入!シーツを染める鮮血!はじめてづくしの奇跡の1本!



28歳元ソープ嬢。ソープで処女捨てました。

kage

  • 私は元ソープ嬢です。
    ソープで働くために28才で処女を捨てました。
    ハタチぐらいの頃から地元にある小さなお弁当工場でずっと働いていて家庭の事情で急に大金が必要になりましたが、私には到底無理な額で悩んでいて、職場に私の事をお姉さんのように慕ってくれる5つ年下の同僚の子がおり悩みを打ち明かした所、秘密を条件にその子が私に秘密を打ち明かして相談に乗ってくれて、それがソープでした。
    その子は週末や弁当工場の仕事が終わってからソープで働いて、本当に困ってどうしようもなければソープと言う手があるよと教えられました。
    高校を出てから働いた職場はどこもおじさんおばさんばかりで友達も少なくて出会いもなかったので恋愛経験すらなかったですがソープの意味は分かります。
    とても悩みましたが私にできる事はそれしかなくて、その同僚の子にお願いして働いているお店へ面接に行く事にしました。

    面接当日は同僚の子も同席してくれて、すんなり採用となり一通りの説明を聞いた後、手術痕やリスカ等がないかボディチェックとなりましたが、既に決心していても実際に人前で裸になるにはとても勇気がいります。
    ついたてがあるとは言え、すぐ隣にはボーイさん等がおり、なかなか脱げずにいると店長から「そんなんじゃ仕事できないよ」と急かされ、なんとか下着姿になりましたが緊張して汗が止まらず震えがとまりませんでした。
    無事にボディチェックも終え服を着てほっとしたのもつかの間に、すぐさま「この後、時間があるなら講習しておこうか」と言われ、さらに震えが止まらなくなってしまいました。

    さすがに処女だと伝えなければと思い震えながらも勇気を振り絞り言ったのですが、店長も同僚の子も驚いて何度も確認するように聞き返され、最後は店長もあきれていて同僚の子も止めておいた方がいいよと諭されました。
    同僚の子は既に乗り気でなくなっていて考え直した方が良いよと言われましたが、このまま仕事がダメになると後がない私は諦めきれず働かせてもらえるようにお願いした結果、とりあえず講習だけ受けて出来るかどうか決めたらいいと言われ講習を受ける事にはなり、同僚の子には反対されましたが最後は折れて私の講習に講師役で付き合ってくれました。

    部屋に入ると先ほどは下着姿で済みましたが今度はもちろん全裸です。
    先ほどのいきさつがあったせいで決意がより固まっていたのか緊張はしてても比較的すんなり全裸になれ素肌をさわられても平気でしたが、その後はつらい体験でした。

    その店の講習はいわゆる「趣味講習」と呼ばれるもので教えると言うよりも店長自身が気持ちよくなる為に好きな事をします。
    店長の前に跪くと同僚の子がフェラチオの仕方を説明しようとしても無視です。
    即フェラで咥えさせられてもフェラチオをした事もないですから何も出来ず口を開けたままでいると、頭を押さえて喉の奥までガンガンとイラマチオされて、口内で発射するとごっくんさせられました。
    咽び涙も出てヨダレも垂れ流しで上手く息が出来ず苦しかったので、初めてみた性器や初めてフェラチオしたとか、そんな事何も考えられませんでした。
    ごっくんし終わると、同僚の子が洗体や湯船での潜望鏡にマットプレイと一通りの流れを店長と実際にやって説明してくれました。
    講師役の人は説明するだけで実際にしなくてもいいようなのですが同僚の子は私を気遣ってくれたようです、
    同僚の子が実際に自分でして「大丈夫だよ。こうしてみて」と笑顔で笑いながら進めて私がマネする感じだったので不安や恐怖心も薄らいで本当に感謝しました。

    マットプレイが終わると本番です。
    マットに寝かされると片足を持ち上げ腰を掴まれて一気に入れられました。
    心の準備する時間も身構える時間もなく、あっという間に入れられたので恐怖心すら抱く間もなくて良かったのですが、本来なら入りづらかっただろうはずの所を一気に入れられたので痛みは激しかったです。
    出血もかなりありました。
    普通なら処女だとゆっくり優しく余韻に浸りながら処女膜を破られるのでしょうが、私の場合は正反対です。
    私の気持ち良さなど関係なしに男の人が気持ちよくなるのが目的ですから、私が処女なんて事はおかまいなしに動かれ、仕方ない事ですが痛みもさる事ながら正直辛いものでした。

    幾度か体位を変えつつ終えるとお清めフェラして、ベットに移り今度は私が上になり動く事になったのですが入れるだけでも痛いので動けるはずもなく、同僚の子にサポートしてもらいましたがやはり無理で、下から突き上げられ腰を落とす度に体重がかかる分、余計痛みが激しかったです。
    途中で余りに痛がる私に同僚の子がウエトラを入れてくれたのですが、同性の子に指を入れられるのは恥ずかしかったです。
    それでもなんとか計3発抜いて講習が終わりました。

    講習を終えた部屋で同僚の子に抱き寄せられ慰めてもらいながら、しばらくの間泣いてしまい涙が止まらなかったです。
    さすがに家に帰ってからもソープで働くのは止めようかと思いましたが、もし止めたら講習で処女を捨てただけで何も現状が変わないのが悔しくて、虚しいだけなので、なんとか踏ん張って働きました。
    幸い初日についてくれた常連のお客さんは店長とは違い優しい人ばかりで、優しくゆっくりと教わりながらしてもらえたので講習のような激しい痛みもなく、意外と出来て色々教わる事もできました。
    ただし、入店初日と言うことでフリーを5人つけてもらえたのは嬉しかったですが、慣れてない上に5人もするとスキンずれで局部も赤く腫れて乳首も痛くて、2週間ほどの間は歩くだけでも下着が擦れシャワー浴びるのも痛くて大変な思いをしました。

    そんな何も知らない処女のままソープデビューして半年ぐらいで目標としていた金額を貯められ9ヶ月ほど働いてからソープから上がりました。
    同僚の子はまだソープで働いていますが、今も一緒にお弁当工場で働いています。
    普通の人が経験する一生分のsexを経験して男の人を満足させるテクニックだけは身につきましたが、ソープで働いていた後ろめたさもあって、いまだ恋愛経験ゼロで、もし良い人が現れてもsexになるとソープみたいなプレイをする訳にはいかないと思うので、どんなsexをしたらいいかわからず、素人処女と言うか恋愛に関しては処女のままです。

  • 中出しされたソープ娘 篠宮ゆり

    中出しされたソープ娘 篠宮ゆり

    あどけなさの残るゆりは母親に売られ裏の世界のソープ店で働くことに。上玉のゆりを店の看板娘にすべくお店側はゆりに肉棒をハメて中出し開発。汚れきった大人の臭いザーメンを膣奥深くに流し込まれた美少女の狭小マンコは必死に膣外に排出しようとしてドロドロと溢れ出る…。恐怖と快感の狭間で汚欲にまみれたザーメンを膣内注入され続けたゆりは、やがて自ら中出しを懇願する変態ソープ嬢へと堕ちていく…。



無知で奥手な処女童貞カップル

kage

  •  私の初えっちは大学2年だった19歳の時。お相手は同じ大学の同い年の彼です。
    無知で奥手な処女童貞カップルでございました。

     お互い理系人間で運動オンチ、趣味も特技もなく、勉強ばかりしていた高校生活を過ごして入学した大学で知り合った似たもの同士の二人。
     どちらも固ゆで卵で知り合って1年以上経ってもキスすらなく、手を繋ぐ程度しかなかったので二人で話し合った結果、クリスマスの日に初キスを、年明けた1月の成人式に大人になる儀式を執り行う事になりました。
    何も結納・結婚式のような日取りを決めなくても…と思いますが、話し合った結果そのように…。

     決意を決めたクリスマスデートの日、駅前の公園で初めてのキス。
    しかもディープキス!、おっぱいもみもみ付き…。
    その手の免疫なんぞ皆無だった私でしたが、彼も1年以上性欲を我慢してもんもんしていたからでしょうか大暴走です!
    なんとかその日はディープキスとおっぱいもみもみをなんとなく数回繰り返して無事に終えました。

     そして運命の大人になる日。
    普通なら振袖袴で成人式を迎えるでしょうが、お互い田舎出身者なため年末年始の帰省で既に済ませており、当日は欠席してデートです。
    成人式に参加した同い年の人たちが飲み会などで街に溢れ出した頃合に、私達はそそくさとラブホテル街へと向かいました。
     ラブホテル街を下を向いて歩き、ちらちらと横目で煌びやかなラブホテルを眺めながら歩くも入る気配なし。
    すると彼が歩みを止め私を見つめて「どこか気に入ったホテルあった?」と質問されましたが、とうにラブホテル街を通過しており、見事に1度目はラブホテル街を完走です。
    Uターンしてもう一度歩くものの決まらず、とうとう最後にあったホテル(一番最初にあったホテル)へ入りました。

     しかし、ホテルすら不慣れな若輩者の二人ですからラブホテルのシステムなど分かるはずもなくロビーの端で右往左往。
    あいにく、その間に通り過ぎるカップルもおらず困り果てていると、横の従業員出入口らしきドアから年配の優しそうなおばあさんが出てきて手招きされたので行ってみると、「お兄さん達、ラブホテル初めて?」とにこやかに聞かれたので頷くと、分かりやすく部屋の選び方から精算の仕方やルームサービスの取り方を親切に説明してもらい、コンドームが足りなかったり、コスプレしたかったらロビーに電話かけておいで、とまで教えてもらいました。
    あげくには、部屋を選んで向かう私達に「がんばってね~」と大きな声で声援してもらい、二人して赤面です。
    一瞬、何故おばさんが私達二人が今日する事を知っているんだろう?と不思議に思いましたが、ここはラブホテルですから当然です。

     そんな事がありつつも、なんとか部屋まで辿り着き精算を済ませると二人並んでソファーへ座ると、肩を組むには遠すぎる微妙な距離が空いており落ち着きません。
    彼も似たような状況でしたでしょうが覚悟を決めたようで、それまで横にいた彼が私の前に立ちはだかり、ぎゅっ…と抱きしめて一言「抱きたい…」と率直な意見を述べられました。
     私が無言でこくん…と頷くと、彼は最初からむさぼるようなディープキス。
    やっと唇を離した彼に、次は「胸に手いれていい?」と聞かれます。
    ブラの上から揉んできて、冷え切ったぎこちない手で片方のおっぱいを撫でまわすと、もう片方の手で乳首をコリコリコリ…っと摘まれ、自然と「あっ…あぁ…」っと喘ぎ声が漏れる私。
    胸や腰そしてパンツの中まで手が伸びた所で、ボソッと「手入れていい?」と、聞くのを忘れていたかのように聞かれますが、既に手は中に入っており下の毛をさわっています。
    再び頷くといきなりの指の挿入で、思わず声を上げ彼を押し退けてしまいそうになりました。
    「手を(パンツの中へ)入れていい?」との質問に頷いたのであって、「指を入れていい?」との質問ではないだろうと「異議あり!!」っと唱えたかったですが、せっかくの雰囲気を壊すのも何なので、そこはうやむやのまま続行。
    静かなラブホテルの一室に「くちゅ…くちゃ…」といやらしい音がよく聞こえだし、さすがに恥ずかしなった私は思わず「いやぁ…やぁ…」と抗議し、とりあえずは前戯なるものを終えました。

     そして、ベットへと移動してベットの上に押し倒された私は、上半身はおっぱいが見えるくらい捲られ、下半身もスカートを捲られパンツを剥ぎ取られ大事なアソコが丸見えの状態になると、彼はズボンとトランクスを脱ぎ捨てました。
    顔はいつもの穏やかな顔つきでしたが、次々に服を剥ぎ取ってゆくその動作はかつて見たことないくらいの獰猛さ!!
    目つきは獲物を仕留める肉食獣そのものです。
     しばらく自分の矛先を収める場所がわからなくて何回か目標を外してたものの、ついに一撃、というか一突きで合体!
    初めては優しくゆっくりしてくれるものと思っていた私にとって、それは予想外のものすごい激痛でしたが、どうにか歯を食いしばって耐えました。
    その後は、お互い初めてなので首尾よくいくはずもなく、腰を振ってる過程で外れては入れ外れては入れの繰り返し。
    気が付けば彼のモノが萎えてしまい、彼はイカずじまいで終わりました。

     処女喪失の定義が処女膜を破る事なら私は処女喪失達成ですが、童貞喪失が挿入なのか射精なのか定かではありませんが彼にとっては不満の残る結果となり、ラブホテルの大きなベットに横たわり窓から覗く夜空の星を眺めつつ私は感無量でしたが、彼はベットの縁に座り、やや落ち込みながら脱ぎ捨てたトランクスを一人穿いていました。
    結局あまり上手くいかず終わりましたが、次こそは少しだけ確実に大人の女となった私が、今度は彼を気持ちしてあげるぞ!と思いました。


  • Hの経験は生涯で1度きり。貴重なJカップの爆乳パイパン美少女デビュー 塚田詩織

    Hの経験は生涯で1度きり。貴重なJカップの爆乳パイパン美少女デビュー 塚田詩織

    101cmJカップの爆乳新人がキャンディからAVデビュー!コンプレックスだった爆乳に男性が喜んでくれるなら嬉しいという性格の良い彼女は友達に誘われて出演を決意!Hの経験は生涯で1度きり。揉まれ慣れていないありがたい爆乳をたっぷり揉みまくり揺らしまくるデビュー作です!



大学4年生処女が包茎彼氏と

kage

  •  大学四年生です。
    今の彼と付き合い始めたのが大学二年生の終わりで、初めて身体を重ねたのが大学二年生と三年生の間の春休みでした。
    お互い実家暮らしだったので、両親に友達と旅行に行くとウソをついて三泊四日の北海道旅行へ行き毎晩トライしてみました。
    でも、㊥学校から大学まで女子校育ちのわたしはもちろん、同い年の彼も㊥学高校と男子校だったこともあって、お互いが初体験で全然上手くいきませんでした。

     一日目は、初めてのことで、何が何だか分からないうちに二人とも果ててしまいました。
    わたしは、それまでオナニーでしか快感を味わったことがなくて彼の指で触れられると乳首もク○トリスもすぐにピーンとなってしまい、途中から付けた豆電球の明かりに映ったわたしの身体はとても恥ずかしい状態になっていました。
    彼と夢中で、お○んちんとオマタを当てながら挿入しようとしましたが上手くいかず、わたしがキスをしようと身体をくっつけた時、お○んちんがわたしのおなかに当たって、その瞬間に彼がいってしまいました
    わたしは何が起きたのか一瞬分かりませんでしたが、彼のお○んちんを見ると、お○んちんがピクピクしながらビュッと射精し、白くて温かい彼の体液がわたしを直撃しました。
    その後、彼ともう一回抱き合いながらしましたが、結局上手くいきませんでした。

     二日目は、しっかり挿入できるように同じような恥ずかしい状態になって、わたしは彼と向かい合いながら両足を広げて膝を曲げました。
    彼のお○んちんが下から近づいてきて、わたしの割れ目に入ろうとしましたが、わたしの割れ目が濡れていたのが却って滑ってしまう原因になって、なかなか入りません。
    そのうちに、彼のお○んちんの先がつるっと滑って、 わたしのク○トリスに当たっては擦り続けてしまうと、わたしはいきそうになり思わずビクッと反応して身体が動いてしまい、彼もそれはそれで気持ちよくなって、
    またまたいってしまいました。
    彼のお○んちんから飛び出す体液が、抱き合った状態のわたしのおなかに飛び散り、おなかに暖かさを感じて気付きました。
    その日は旅行の疲れもあったので、シャワーを浴びて明日こそはと二人で誓い合いそのまま寝ました。

     三日目は、何とかがんばろう、とお互い言い聞かせてトライしましたが、 結果は二日目と同じような結果でした。
    今日は最後だからと、もう一回トライしようということになり、まだ初心者同士なのにバックをしてしまいましたが、結果は最悪で、わたしのオマタの間を彼のお○んちんを行き来するだけです。
    その後もトライしましたが、わたしも彼も、もうヘロヘロな状態になっていて、そのまま終わりました。
    彼は申し訳なさそうに謝ってくれましたが、わたしもあまりに申し訳なくなり謝ってばかりでした。

     後日に二人でお互いのオナニーの体験談を話したり、どうしたら出来るのかを話し合い、わたしはオナニーには慣れていてもク○トリスの中までは日頃触っていないので刺激を強すぎて反応しやすぎるのと、彼はその日に備えてオナニーを控えていたから我慢できない身体になっていたのだろうと言うことでお互い納得したりしました。
    彼はその時に包茎であることも告白してくれて、お○んちんの皮をめくると刺激に弱いそうで、わたしは皮がかぶっているとは思っていなかったのですが、実際にはお○んちんの先まで皮がある状態で、わたしのク○トリスと同じなんだなあと感心した覚えがあります。

     そんな、ダメダメなわたしたちでしたが、それから半年後の三年生の夏に、わたしの処女をやっと突き破ることができました。
    挿入された瞬間に、わたしも彼も気が狂うくらいの声を出し、おしりや腰を押し付けあいながらいきました。
    その時、コンドームを付けずにしてしまったのは失敗でしたが、その次からはコンドームを付けてするようにして、それからは二回に一回くらいは上手くできるようになりましたが、まだまだ挿入されたまま腰を動かしたり、キスしあったり、という余裕は全然ありません。
    彼も、お○んちんの皮を引っ張って真っ赤なお○んちんをむき出しにすると、刺激が強すぎて今度はいけなくなるようです。

     この春の就職活動中からはお互いに忙しくて逢えなくなり、月に一度くらいしかできませんでした。
    就職活動後は、北海道旅行の時みたいな失敗も多くて、何だかさらにお互い下手になってしまった感じがして、こんなわたしたちが上手くできるようになるにはどうしたらいいのか最近悩んでます。
    彼はやさしくてマジメだし、わたしを大切にしてくれるので結婚してもいいと思ってるのですが、もう少しお互い上手くならないと、この先いろんな意味でうまくいかないかも、と思うと悩みます。



  • 平成7年3月31日生まれ 業界最年少の沖縄娘が顔を真っ赤に染めて処女喪失 与那嶺さくら 18歳

    平成7年3月31日生まれ 業界最年少の沖縄娘が顔を真っ赤に染めて処女喪失 与那嶺さくら 18歳

    男性との接点がなく、すぐに赤面してしまう恥ずかしがり屋の純朴少女。漫画を見てやってみたという独特なオナニーを披露したり、痛みに耐えながらも気持ち良さも感じれたり、素敵な処女喪失&AVデビューとなりました。