31歳処女、父親ほど年の差の上司と初体験

kage
  • もうすぐ31歳になりますが、今年になって二回り近く違う職場の上司とセックスしたのが初めてです。 私は高校を卒業して正社員としてある会社へ就職しましたが1年足らずで倒産。 再就職して働きだした矢先に今度は両親が相次いで病気になり、それからは収入の安定した正社員は諦めざるを得なくなって、時間の融通が付くバイトを掛け持ちしながら両親の介護を続けています。 最も恋愛に敏感な年頃を介護と仕事の毎日で過ごして恋愛の機会も余裕もありませんでした。 家と職場の往復だけの毎日ですから、仲の良かった友達とも疎遠になり気づけば年賀状を送られてくる友達すら居ません。 10年余りそのような生活を続けていますが、最近は精神的にも経済的にも苦しかったです。

    そんな私に手を差し伸べてくれたのが二回り近く年上の職場の上司です。 上司は20代と30代の頃に二度の結婚をしたそうですが、うまく行かずに離婚、以後は独身を通しています。 父親を早くに亡くし上司が若い頃から母親を支えてきたのですが、長い間入退院を繰り返しており介護を続けているそうで、似た境遇の私の事情を理解して親身に相談にも乗って頂きました。 最初は相談相手になって頂くだけでしたが、その内に本来は出来ない仕事のシフトの融通や、多額ではないですが金銭の貸し借りも受け、なにかと食事の誘いやお土産を頂き、職場の同僚からは上司の愛人呼ばわりされ疎まれもしながらも上司のご好意には甘えていました。

    しかし、当初より関係が親密になってくると上司からは恋愛対象として見られる様になりました。 私にとって上司は年齢的にも私の父とほとんど変わらないですから恋愛対象とは考え難いのですが、何かと依存していたのもあり無碍に断れずいた所、上司の誕生日の日に「一人で寂しいから一緒に祝ってほしい」と頼まれ止む無く了承しました。

    当日は仕事の後に一度帰宅をして着替えてからシティホテルの高級な鉄板焼き屋さんへ向かいました。 恥ずかしながらギリギリの生活をしていたので高給なお店とは無縁で着て行くお洋服にすら困りますが、恥をかかないよう精一杯のお洒落をして日頃はしないお化粧も施して向かいましたが、やはりお店に入ると週末のデートらしい着飾ったカップルが多く、親子の様な歳の差の上司と私は傍から見れば愛人と不倫カップルに見えたでしょうし、着飾ってもみすぼらしい私は完全に浮いてて落ち着かなかったです。 それでも食べた事の無い様な豪華なお食事は美味しく、会話も弾み食事自体はとても楽しく食べられました。

    しかし、後半に差し掛かりデザートを食べていた頃に「部屋を予約しているから泊って行こう」と私の返事を聞くでもなく誘われます。 おそらくそう言う事になるのではないかと心配してましたが、やはり予感は的中しました。 まだ「泊って行かないか?」と聞かれたなら断り方もあったと思いますが、既に二人分の部屋を取ってある状況で「泊って行こう」と言われると拒否できず、私は返事する訳でも頷く訳でもなく、食事が終わると腰に手を回され促されるまま部屋まで連れていかれました。

    部屋に入ると、先ほどまでとはうって変わって言葉数が少なくなり、ソファに腰かけ心ここに在らずで相打ちを打ち話を聞いている時にキスされました。 恥ずかしい事にキスも初めてです。

    しばらくキスしたまま身体をまさぐられてから「一緒にシャワーを浴びよう」と言われ、上司が服を脱いでいく間も私は目を逸らしソファに腰かけていましたが、手を引かれ立たされても尚、身体が硬直して動けずにいる私の服を上司が一枚ずつ脱がしてゆき、その時に「もしかして初めて?」と聞かれて頷くと「そうだと思った」「初めての男になれて嬉しい」と言われました。 お風呂でも上司が率先して事を進め、自身の身体を洗ってから私の身体も洗い、お風呂から出る時も自身の身体を拭いてから私も拭かれ、私は裸のまま落ち着かないので下着を着けたかったですが着けさせて貰えず、二人とも裸のままベットまで行きました。

    ベットでは血で汚してはいけないからとバスタオルを下に敷いて、そこへ私が横たわると上司が覆いかぶさってきて先ほどよりも激しく体中をまさぐりながらキスをされ、舌も入ってきました。 私はその様子を見る訳でもなく上司が私の股ぐらに頭を埋めまさぐられても、父親ほどの年の差の上司に抱かれても何ら感情も湧かず、事が進み私の両足を上司が肩に掛け私の中へ挿入してきた時ですら、私は天井を見上げたままシーツを掴み痛みに耐えて終わるのを待ち続けていました。 上司が果てて終わってから上機嫌に何か話しかけてましたが私の耳には残らず、シーツに残った私の血の跡を何も考えられず眺めているだけでした。 その夜、同じベットで上司と就寝した後も私は眠れず天井を見上げて朝を迎えました。

    そもそもは今まで恋愛も経験せずに過ごしてきた私が悪かったとは思います。 男性と経験済みなら、例え恋愛感情の無い父親と同じような年の差の相手とでも男性経験の内の一人でしかないですから、これほど気持ちが沈む事もなかったでしょう。 今更仕方のない事ですが、若い時に恋愛など何時でも出来ると二の次にしてきましたが、今はもっと早くに色々経験しておいたら良かったと後悔してます。

  • 妹のハミ尻がエロすぎて 長澤えりな
    妹のハミ尻がエロすぎて 長澤えりな

    僕の妹は、いつもお尻がハミ出てる…その無防備なハミ尻がエロすぎて、僕の理性は限界寸前!制服のスカート丈が短すぎて…思わず揉んでシャブってチンポも挿れて。入浴後に巻くバスタオルが短すぎて…脱がしてあげるフリしてチンポ擦りつけ尻コキへ。部屋着のホットパンツが小さすぎて…脚立にのぼったハミ尻が顔に触れて、ズラしハメ。雑巾がけのスカートが短すぎて…四つん這いのハミ尻とチンポが擦れ合って。レオタードがハイレグすぎて…かつてないハミ出し方に再々々々興奮で激FUCK。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

処女膜強靭症の新妻

kage
  • 27歳の時に五つ年上の方とお見合い結婚しますが、それまで恋愛に疎く肉体経験もありませんでした。 結婚初夜に初めて試みますが上手くいかず、その時は夫からも初めてだから仕方ないと理解してしてもらい、私も緊張していましたのでそういうものかと余り気にも止めずにいました。 しかし、その後何度試みても激しい痛みがあり、挿入を何度試みても出来ませんでした。

    そんな事が半年ほど続くとお互いに諦めだし、それでも年に数回ほどは試みますが失敗に終わりました。 長い恋愛経験の後に結婚した訳ではありませんから上手くいかないと結婚当初からのぎこちなさが次第に増し、1年後には他人同士の同居生活の様な感じになりました。 夫はたった一人の跡取り息子でしたから、子供を作るどころか性交が上手くいかない事に対してプレッシャーもあり余計焦りを感じました。 しかし、一度狂った歯車の修復は難しく、夫が露骨に風俗通いを始めても私に原因がありますから咎めれませんでした。

    そして、結婚5周年の少し前に離婚を切り出され、その時既に夫には再婚相手となる人もおり、私も分かってはいましたが反対することもなく離婚をし、結婚後に建てたマイホームから私が追い出される事となります。 結婚前は実家に住んでいましたが、田舎で世間体もあり居づらく、離れた馴染みのない街のワンルームマンションでひっそりと一人暮らしを始めました。

    それから2年が経ち、34歳の時に婦人病で産婦人科へ通院した時です。 診察の際に『処女膜強靭症』との指摘を初めて受けました。 私は人よりも処女膜がかなり分厚く、通常なら膜に数センチの穴が開いているものが1センチも開いてなかったそうです。 その為、性交が困難になり、処女膜除去手術を受ければ性交が可能になるとの話でした。

    今まで性交が出来なかった原因が判明して肩の荷が降りた安堵感を感じましたが、同時に今更感も強く感じました。 しかし、離婚する前にもっと早く積極的に原因を探れば違った結果になったかと思うと後悔の念が消えず、せめてものの慰めに手術を受けることにしました。 手術はとても簡単なもので手術台に横たわり1時間も経たずに終わり、あまりのあっけなさに本当に性交が可能になったのかと不安になりました。

    34歳まで恋愛経験もなく結婚、性交できず離婚したバツ1女ですから、手術後も試す相手など居るはずもないのですが、試さないと気が済まなくなり出会い系で知り合った男性と一度きりの肉体関係を持つことにしました。 相手の男性には手術の事も私の事については何も話していません。 私も相手の人については見た目40歳前後の男性としか知らず本名も既婚者なのかも知りませんが、私と何の接点もない人で感情移入する事もないので良かったかもしれません。

    当日は緊張こそしましたが、裸体を晒し身体を重ね合わせても知らない人なので特に何も感じず、私にとって2人目の人と肉体関係を持ちました。 挿入される時には本当に出来るのか不安にはなりましたが、驚くほど簡単に挿入され性交が出来て、今までこれほど簡単な事で長年悩んでいたかと思うと悲しくもあり、何よりもっと早く病気に気づいていれば今頃子供も居て元夫と違った未来があったかと思うと悔しくて堪らなかったです。 しかし、性交が出来た事で肩の荷が下り終わったかと思うと嬉しくもありました。

    その後、一度きりの性交を交わしただけで、もう誰とも恋愛も肉体関係を持つ事もないと私自身信じていましたが、不思議な事に職場で知り合った男性と少し話すようになると、親密になり交際する事になりました。 彼と知り合ってからは性交と同じく恋愛も本来はとても簡単な事だと知り、これまで出来なかった原因はやはり私自身に問題があったと再認識もさせられましたが、今までのように後悔の念を抱く事はなく、『案ずるより生むが易し』とはよく言ったものだとつくづく痛感しつつも、今では幸せに笑って過ごせています。

  • 貧乳の地味子に中出し 4 成宮るり
    貧乳の地味子に中出し 4 成宮るり

    何処に居ても冴えない女の子、地味子のるりが出演。「私、人より胸が貧しいんです…、こんな私だけど好きになってくれますか?」と、俯きか細い声で告白する。初めて出来た彼氏の部屋に上がり、緊張を隠せない様子のるり。童貞と処女の二人はベッドの上で初々しいキスし、慎重に童貞彼氏の敏感なチンポを優しくフェラをする。あまりの快感に口内射精をする彼の精子を優しく口の中で受け止め笑顔になるるり。互いに緊張もほぐれ次第に大胆になっていく二人をお見逃し無く!

経験済みって嘘ついてた女子大生

kage
  • ハタチの女子大生ですが、やっと4か月前に初体験済ませました。 実は私、周りの友達には経験済って事になっていました。

    別に見栄張ってた訳でも嘘つくつもりもなかったですけど、私は高校生の時から同級生にも年上に見られ「恋愛経験豊富そう」「大学生の彼氏がいそう」とか言われてて、恋愛経験なんて一切経験ないのに恋愛相談受けたりエッチな事の質問を受けるものだから「友達を安心させてあげなければ」とサービス精神を発揮した結果、いつの間にか「彼氏います。処女じゃないです。経験豊富な頼れるお姉さん」になってしまい、話の都合上合わせざるを得なくなり経験済って嘘をつくようになりました。  私はちょっと年の離れた三姉妹の長女だから困ってるのを見たら何でも「私にまかせて」って張り切るお姉さんタイプで、頼られると断れない習性で友達にも答えていたら、そういう風になってしまっていたのです。 他人を傷つける嘘はいけないけど、他人を思いやっての嘘だから悪い事じゃないとは思うし、出来るだけ自分で調べたり考えたりしてから相談に乗っていましたが、やっぱり分からない事もあって大丈夫かなと不安に思う事もありました。

    高校生の時は女子※だった事もあって、具体的な事や突っ込んだ話の相談はなかったので良かったですが、女子大生になると彼氏が出来た子も現れ、リアルな相談が増えると回答に困る事が増えました。 特にエッチに関しては、男性器について聞かれても私自身見た事もないですから想像の範疇を超えており的確には答えられず、こっそり自宅でエッチな動画を見たり研究や勉強をして答えたりしました。 でも、さすがに嘘をつくのも辛くなり限界を感じていました。

    しかし、年末のバイトで他大学の人と知り合い、連絡を取り合うようになると遊びに行くようになり、告白されて付き合う事になります。 そして付き合いだして2か月後、彼の部屋で初体験を迎えます。

    その日は朝から彼の部屋に行き、部屋の掃除を手伝い、昼食には下手ですが私の手料理を御馳走しました。 一人暮らしの彼の部屋に行く訳ですから、私も薄々予感はしてて、新しい下着を付け無駄毛の手入れもして、万が一の出血に備えての生理用品、それに避妊は絶対して欲しかったのでコンドームも自分で用意して持っていきました。  昼食後に食器を洗ってから二人でベットに腰かけながら飲み物を飲んでいたら、さっそく肩に手がまわりキス、そして、そのままベットへ倒れ込むと真昼間の明るい部屋で次々と脱がされていくのは照れくさかったですが、お泊りも夜遅くまで居られないので仕方ないです。

    彼には処女であるとも経験済とも何も嘘をついてなかったですが、処女である事を伝えたら信じて貰えず、私も今から経験すれば結果は同じことなので殊更に主張するのも面倒くさいから特に強くは訴えませんでしたが少し悲しく思いました。 行為が進むとオナニーをした事もなかった私も、彼に性器を愛撫されたら初めての感触に何とも言えない気分になり少し感じて声が出たら、「処女だったら、こんなに感じないよ」などと言われ恥ずかしかったです。

    その後、彼からはフェラチオを求められたら、幸い?な事にアドバイスする為に勉強したお陰で難なく熟せ誉められたら彼からはさらに処女だとは信じて貰えず、そろそろ挿入されるかと思った時には避妊だけが心配だったので用意しておいたコンドームを見せた所、「処女だったらコンドーム持ち歩いてないよ」と悪戯ぽく言われてしまい、否定しようにも否定すればするほどに信じてもらえなさそうで、私自身もこんな状況で処女であると信じて貰うのは無理だと思ったから反論するのも辞めました。

    挿入の時には心の準備は出来ていましたが、流石に緊張して処女であるとは「全く」思ってもいない彼にはあっさりと進められ、私は処女を喪失しました。 またまた、幸い?なのか処女らしくもなく、痛みも無し出血も無しに進みました。  しかし、体位を変えてバックから挿入された時に、鋭い痛みがあって枕に顔を埋めて耐えていたら、彼は私が善がってると勘違いしたらしく、より激しい腰振りになり辛かったです。 でも、その時に処女膜が破けたのか終わってから出血があるの気づいて、股を押さえながら痛がる私を見て彼もやっと本当に処女だと信じてくれました。  悲しい顔で申し訳なさそうに謝る彼を見たら、彼に心配させたらいけないと思い「もっと色々教えて」と張り切ってその後3回もしてしまったら、正直言って本当は辛かったですが、もう友達にも嘘つかなくて済むし、彼も喜んでくれていたから嬉しかったです。

    初体験から4か月が経ち、彼とも順調?に2、3日に一度のペースでエッチして少し前に記念?すべき50回目のエッチをしました。 友達からの相談にも、今は嘘ではなく経験からアドバイスできるから饒舌?になって、「過激!!」「大人すぎる」などと言われ引かれる程になりました。 但し、友達にはとっくの昔に経験済みになってるから初体験の話を自慢できないのが残念です。 でも、彼だけには私が処女だったと知って貰えて、あげられたから良かったです。

  • 処女だけどAVデビューしていいですか? 初めてなので優しく貫通してください 小日向みゆ 学生 20歳
    処女だけどAVデビューしていいですか? 初めてなので優しく貫通してください 小日向みゆ 学生 20歳

    AV界に処女を捧げる美少女がここにも一人!なぜこんな娘が今まで処女だったのかショートカットでうっすらと日焼跡の残る健康的な小日向みゆちゃん!「消極的で男性に話しかけられないんです。でもお友達はみんな経験があって…早くエッチをして卒業したかった」。キスはおろか男性の体に触れたこともないみゆちゃんに次々とAVの洗礼が訪れます。みゆちゃんからは「成長できたのかな、達成感があります」。痛くて痛くて涙・涙の処女喪失貫通ドキュメント。