男嫌いな女。 けれど男で処女を失くした。

kage
  • もしかするとレズかもしれないと思っていた。どうしても男を好きになれなかったから。いつも憧れるのは女。でも、レズは嫌。私自身認めたくなかった。だから、男から告られた時も悩まず付き合う事にした。

    彼とのデートは大抵触られる。それが普通なのだろう。優しく撫でられても虫唾が走るけど、それに気付かれないよう明るく嬉しそうに振舞った。

    ホテルに連れて行かれた時も何も言わずに付いて行った。脱がされ今まで誰にも触らさせた事のない所まで触られる。でも、股を開かされても何の抵抗もしなかった。

    これが男と女の関係。普通の事だ。内の方まで指を入れ挿しされ怖かった。何があろうとも股を開き寝て目を閉じていた。しばらくして、股の間に指でなく他の物が揺れ動きながら割り込んできた。とうとう、来るのかと身構え、更に強く目を閉じて待った。

    ぬるっとした生暖かく硬い感触。入ってこようとしているが私の入口が堅く口を閉ざしている。しかし、何度も押し当てられる内、徐々に口が開き始めたのが分かった。 痛みと共に口が開き、裂けるような感じがした。痛みを伴い中へと入ってくる。生まれて初めて男を向かい入れる。これが男と言う物体なのだろう。終わった後にも男の感触が残った。

    わたしは、男と女とは何かよく分からないままに処女を失くし経験した。彼とは何度も男と女の関係を持ち、いつしか悟ったかのように気付いた。わたしはレズではない普通の女だ。やはり彼と同じように女と、女と女の関係を持ちたいとは思わない。やっぱり男とだけ関係を持ちたいと思った。しかし、わたしは男嫌いなのだ。

    その事に気づいたからすぐに彼とは別れる事にした。彼の事を好きになれないから。あれから何年もひとりぼっちが続いている。わたしの男嫌いを治してくれる男は現れるのだろうか?

  • 初体験 07
    初体験 07

    「私の処女を…貰ってください…。」性の芽生え、異性への興味、お小遣い…様々な理由で見ず知らずの男に貞操を捧げる少女たち…。6人の処女喪失ドキュメンタリー 総集編第七弾。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

恥ずかしくて仕方の無い処女喪失したてのうぶっ子。

kage
  • 交際中の彼氏と先日6回目のセックスをしました。 挿入時の痛みもかなり薄らいで安心していますが、未だに恥ずかしくて抱き合っている間は目を反らしたり目を瞑ったりしてしまいます。彼氏もその仕草が初々しくて可愛いらしいと言ってくれていました。しかし、6回目でも同じように恥ずかしがっていた所、彼氏を怒らせてしまいました。

    私は彼氏と交際以前にも交際してた人はいましたが体の関係はまったく無く今の彼氏が初めてです。二人とも実家暮らしなので、その時はラブホテルへ行っています。いつもお風呂は別々に入り、部屋の電気を消して薄明かりにしてからベットの中で抱き合うのでお互いの裸を見る事もありません。彼氏の大切な所どころか素肌に触れるのも恥ずかしいから私は大の字に寝てシーツを掴んでいます。

    普通は、私からも彼氏に触れたり抱きついたり、口で彼氏のをフェラチオしたりするとは思いますが、それが私にはなかなか出来ません。前回の時は彼氏を真剣に怒らせてしまったので、私も頑張って明るい所で裸や私の大切な所も彼氏に見せたり、彼氏の裸を私が見たりもしました。裸の彼氏に私から抱きつき触れたりはなんとか出来ましたが、彼氏の大切な所は直視出来ず触れたり出来ませんでした。最後は困り果て私が涙ぐんでしまったので、もういいよと言われ中途半端な形で終わりました。

    私も、もう21歳なので清純キャラを演じるつもりもブリっ子するつもりもないですが、彼氏にはそう思われてたようで怒られました。次回までには彼氏の大切な所も見たり触れたり、出来ればフェラチオにも挑戦してみたいのですが、どうしたら出来るようになりますか?また出来なかったら彼氏に怒られそうで怖いです。今、ネットで無修正の動画を見てフェラチオの勉強をしていますが、私にはとても出来そうになくて不安で一杯です。

  • 【個人撮影】童顔Mっ娘の本気イキセックス開発【初撮り保障】
    【個人撮影】童顔Mっ娘の本気イキセックス開発【初撮り保障】

    まだ幼さが残こる18歳の女の子。今からアニメイトと友達とカラオケに行くためにお金が欲しいそうです。あとご主人様がいるらしくその人に貢ぐためでもあるらしいです。 見た目の可愛さからは想像できないので「可愛いのになぜ?」というと「私の人生終わってる。自暴自棄なの。」と開き直ってる様子で、理由を聞くと5年放置した虫歯があるらしくて歯医者に行くのが嫌なんだと・・・。もう訳わかりません笑

  • 現役大学生 決意の処女喪失デビュー 芦田知子
    現役大学生 決意の処女喪失デビュー 芦田知子

    現役女子大生のバージン美少女がAVに初出演!●学校の先生になりたいというふんわりタイプの知子ちゃん、周りには処女であることは内緒でちょっとコンプレックスな様子。初めてのチンポにドキドキ、初挿入の痛みにも耐えてオンナになります!恥じらう少女を辱めるエロさの詰まった一本です!

私の初体験は去年のクリスマス。但し訳あり。

kage
  • 「私の初体験は去年のクリスマス」って言えば良いなぁって言われそうだけど、ちょっと訳ありで人に言えないです。街中にカップルが溢れるクリスマスシーズンも私には彼氏居ないし関係ないと開き直り、バイトして金稼ごうとずっとバイトしていました。

    クリスマスの日も夜までバイトして、同じバイトの同僚の男の子と幸せな人達をグチりながら投げやりになりつつも働き、終わって帰る時に男の子から二人とも一人暮らしで家に帰っても寂しいだけだから食事してぶらつかないと誘われ行く事にしました。

    居酒屋さんで食事がてらに軽く飲み、ホロ酔い気分になったら折角だしイルミレーションでも見に行こうって話になって行ったら周りは見事なまでにカップルだらけ、「きっとカップルじゃないのは私達だけだね」って横並びで歩きつつも少し隙間を置き歩いて回っていたのですが、メインのイルミレーションに差し掛かった辺りで、「ほら見て」って呼ぶつもりで男の子の腕を掴んだら手を離せなくなり腕を掴んだまま歩いてたら、今度は男の子の方から肩に手を回され、男の子の方を見上げたら眼が合いビミョーな空気が流れる中、おでこにチュされました。わたしが「えぇ~おでこ??」と文句を言い唇へのやり直しのチュを求めたら、今度は唇へのチュ、そしてディープなチュウをすると、軽く酔っていたのもあるけど二人とも止まらなくなってラブホテル街へ向かいました。どこも満室で部屋が埋まっていたけど、燃え上がった二人は諦められず端から端まで回りやっと見つけた空室のラブホテルへ入りました。

    夢中だったからすっかり忘れてたけど入ってから「そう言えば私処女だった」って酔いも冷め冷静になったら心臓バクバクです。でも、もうここまできたら戻れないし心を決め抱かれる事にしました。男の子にも話したら驚かれ大丈夫って聞かれたけど、私が「うん」って即答したら「良いんだ」って笑われてた。

    でも、急遽決まった割には淡々と冷静にエッチ出来たし、前もって計画してするよりも良かったのかも知れないです。痛みも思ったほどじゃなく、これなら我慢できると思える位で、思った以上にあっさり終わったからもう一度しても良いよって私から求めて2回目もしました。

    終わってから男の子と「私達、恋人同士だったらクリスマスにエッチして良い思い出になったのにね」って話してたら、「じゃ俺たち付き合ってみる?」って言われ、まさかのその日から交際スタートに。クリスマスに初エッチしたら告られ交際スタートって少しロマンチックで良いなってその時は思いましたが、しかしですね、その時男の子は彼女と別れたばかりで独り身だったの、年明けてしばらくした頃に「元カノとヨリ戻した」と言われ、1ヶ月も経たずに振られました。初めての相手と長く付き合って結婚する人もいるのに、私は1ヶ月も続かなかったのは凄いショックでした。それでも一時は、今年のクリスマスは彼氏と過ごしてやるって燃えてたけど、また今年もバイトして過ごしそう。。。寂しいです。

  • 本物処女の初アナル
    本物処女の初アナル

    『処女を捨てたい』とAV出演を希望する素人地味OLちさと。たいした魅力も無いキスさえ未経験の女は、世間知らずの箱入り娘。マンコに指入れしたらあまりに痛がり、『やっぱり嫌だ』とかふざけた言動を吐くため、処女喪失の前にアナルSEXを敢行。処女もお尻も初物を奪ってあげました。

大学1年の12月26日。私が男性と初めてセックスした日。

kage
  • 私が男性とセックスしたのは大学1年のクリスマス翌日、12月26日。相手は私と同じく冴えない小学校の時からの同級生とです。

    私は見た目からして内気で地味なタイプ。会うと話すぐらいの同級生の「知り合い」はいても、私には友達と呼べる人はいません。大学生になっても同じで入学してほぼ半年経つのに話す相手もいないから昼食も一人で食べていました。但し、よく知っている顔見知りの人が一人いました。それが同級生です。小学校からの同級生、何度か同じクラスになった事もあるけど話したことは数度だけ。それも一言二言のみ。もし私が男性ならと思える様な人でした。

    1年の秋、10月頃に突然話しかけられます。「先週風邪をひいて講義休んだんだけど、ノートをコピーさせてくれないかな?」と聞かれ、私はノートをコピーさせてあげお礼を言われて、その時はそれだけの会話で終わりました。

    しかし、それからしばらくして今度は私がインフルエンザに掛かり、4日間ほど大学を休みました。大学には話せる相手が彼しかいないから今度は私が彼にノートを借りようかと思案していたら彼の方から話しかけられ、ずっと休んでいたからと既にコピーされたノートのコピーをもらいました。しかも、彼とは学部も学科も同じで全部の講義分が揃っていました。

    私は思わず深い意味は無く感謝の意味で、お礼に昼食奢るから一緒に食べよと誘いました。 よくよく考えると異性と食事したのも、食事を誘ったのも、この時が生まれて初めてでした。他の人から見たら何気ない行為でも、私としたら食事を誘うだけでも凄く思い切った勇気がいる行為なのです。何故、この時に限って自然に誘えたかは未だに私も不思議です。

    そして、一緒に食事を取りますが根っからの内気な二人は途端に無口になりました。それがとても気まずい雰囲気で、私から誘ったのだからと場を和ませようと頑張って話題を切り出し話しかけると返事はしてくれました。

    何気になくバイトしていますかと質問した所、驚きました。私は人見知りな癖にコンビニでバイトをしていたのですが、彼も同じコンビニでバイトをしていました。シフトの曜日も時間も全然違ったから気付かなかったのですが確かにシフト表を見ると彼の名前があり、私は驚きのあまり大きな声を上げてしまい周りを見回して恥ずかしくなっていると、無表情だった彼に笑みが零れ笑われてしまっていました。別に笑う事は不思議なはずではないですが、彼が声をあげて笑うのを見たのも初めてだったので、私はその笑顔になんとなく心がキュンとなってしまいました。おそらく、この時に恋に落ちたような気がします。

    それからの私達は毎日のように同じ講義を取っていたので会うと挨拶をし、それまで離れて座っていたのも隣に座るようになり、食事も毎日、大学にいる間はずっと一緒にいるようになります。しかし、バイト先では相変わらずシフトが違うので出会うことも無く、(掛ける友達も居ないから)携帯電話すら持っていなかった似た者同士の二人は大学の構内だけの付き合いでした。

    そして迎えた12月26日。24日25日は二人とも時間帯は違いますがバイトしていました。26日はバイト先のコンビニの忘年会があり、ほぼ強▲的に参加させられますが仕事の事で話すだけのバイト先の人達なので二人とも早々に帰宅しましたが、彼と大学以外で会ったのは初めてでした。彼は夜遅かったので私の自宅まで送っていくよと言ってくれ、二人で歩いて帰路につきました。大学では毎日ずっと顔を合わせ話すようになって2ヶ月ほど経っていても、とても緊張していました。

    寒かったから帰る途中にあった自販機で暖かい飲み物を買って飲む内に、その場で話し込むと止らなくなり、そして、お互い見つめあい黙り込んだ瞬間、どちらからともなく顔を近づけ初キスをしました。彼の体に抱きつくと暖かく、頬に白い暖かい彼の息が掛かり、今日はもう帰りたくないと思いました。「朝まで一緒に居たい」と告げると、彼も頷いてくれました。

    携帯電話を持っていなかった私は公衆電話を探し、自宅へ電話して夜遅くなったからと居るはずもない友達の家に泊まると告げると半分強引に電話を切り、彼とラブホテルへ行きました。人見知りでまともに異性と話す事も出来なかった二人が、この時だけはとても行動的にいられたのかは不思議ですが、これが勢いと言うものでしょうか?私にとって人生で最初で最後のチャンスかもしれない、と思い詰めたかのように彼と付き合いたいと言う気持ちが全てに勝りました。

    お互い初めて同士でした。服を脱がされ、裸を見られ、身体を触られても恥ずかしいと言う感情も、痛みすら忘れ、それら全てを忘れるがのごとく身体を密着させ夢中に抱き合いながらセックスをし、気付くと眠気も忘れ朝まで続けていました。

    彼からは付き合おうと言われなかったですが、この日から事実上の交際を始め4年経った今も続いています。しかし、付き合おうとは言わなかった彼なのですが、大学4年の時に「卒業して何年かして貯金作れたら結婚しよう」とプロポーズされました。もちろん私もプロポーズを受け入れ結婚を夢見て幸せでした。

    しかし、二人とも無口で内気な性格。就職活動では筆記試験は良く出来ても面接が通らず、二人とも就職できませんでした。二人の間では良くても社交性ゼロの二人は社会では通じないようです。今は就職浪人してますが、まさかこんな形で二人の人生設計が頓挫するとは思いませんでした。もっと社交性を持たなければと痛感しても、友達も居らなければ見習う相手も居らず、何から何まで似た者同士の二人ですからお互い助け合う訳にもいかずに苦戦していますが、なんとか二人でこの苦難を乗り越えたいと思います。

  • 頭脳明晰 某国立大学 現役大学生の処女喪失 向井絵里奈
    頭脳明晰 某国立大学 現役大学生の処女喪失 向井絵里奈

    某国立大学に通う絵里奈ちゃん(20歳)。Fカップと言う豊満ボディを持ちながらも今までセックスはしたことが無いという。「私も早くみんなのようになりたい」とAV出演を決めたわけだが、痛いながらも少しずつセックスと言うものが理解でき最後は少し自信を持てたようです。

巫女の処女が、お相撲さんみたいな人と。

kage
  • 友達には変わってるって言われるけど、私の好きなタイプはお相撲さんみたいな人。こう言うと『太ってる人が好きなの?』って聞かれますが、太った人が好きじゃなく私が好きなのは『お相撲さんみたいな人』です。具体的に言うと、太っててもお相撲さんみたいに動ける人、お相撲さんみたいに性格も明るく声も綺麗で歌が上手な人、が好きなのです☆ただ太ってる人やネクラな人はみんなと同じように大っ嫌いです。

    でも、ただのデブは多いけど、運動神経良くて俊敏に動けるお相撲さんみたいな人って少ないんですよね。だから21歳まで理想のタイプが現れず処女でした。

    しかし、大学3年の冬休みに理想タイプの彼と知り合い、すぐ交際を始めて、その彼と初体験をしました。私は大学1年の時から年末年始には地元の神社で巫女のバイトをしているのですが、3年の時に2つ年下の彼が入ってきました。

    明らかに第一印象から太っただけのデブとは違う明るい性格で、色黒なスポーツマンタイプ、アナウンサーの人みたいに滑舌も良く美声で声も大きく、しかも頭も良い大学だったから、『この人が私の理想の人かもしれない』と思い話していたらアメフトの選手と判明しました。逞しい二の腕も触らしてもらうと太い筋肉の上にプニプニした脂肪と、手に張り付くような餅肌に、私は『この腕で抱きしめられたい』なんて一人興奮して、『この人と私は付き合うぞ!!』と勝手に思い込み猛アタックした結果、付き合うことになりました。それまで恋愛経験も私でしたが、生まれつきの思い込みが激しい性格が幸いしました。

    初体験は、神社のバイト期間が終わり2度目のデートの時にラブホテルへ行きました。彼も私と同じく恋愛経験が無い童貞でしたが同様に明るく積極的な性格なのであっさり行く事になります、しかし、ラブホテルへ入る前は盛り上がり興奮しても、ホテルに入ってからはドキドキ凄く緊張していました。

    二人ともエッチに関しては超初心者で、彼は体育会系で上下関係にも厳しいから余計に2つ年上の私には敬語を使うし、何するにも尋ねてから行動するから『いいですか?』『はい、どうぞ』って感じに、お互い確認しながらエッチを進めました。最初の挿入する時はどうしても上手く入らず、一時中断してAVを見て挿入の仕方を確かめてからもう一度やり直したら成功。私はその時ジーンとこみ上げるものがありましたが、彼はイケずじまいでした。

    私もジーンと感動したものの何時まで経っても終わらないから『まだ終わらないの?』と聞いちゃったら、彼が萎縮して『すいません、終わります』と言われ終わってしまったのが少し心残りとなりました。彼とはその後何回してもイケずじまいで何回か経験してから気付いたのですが、彼はお腹が出ているから挿入してもお腹が私に当たって深くまで挿入出来ずイケないようで、それに気付いてからは私が上になってしたらイケるようになったから二人の定番の体位になりました。

    しかし、交際は順調に進むように思えましたが、冬休みが終わると彼が練習で忙しくなり、私も就職活動で逢えない日々が多くなると自然消滅しました。それからの私は彼氏なしの状態が続いています。早く新しいお相撲さんみたいな理想的なタイプが現れて欲しいです。

  • 天然オナホール女ゆうな40kg ♦激しすぎるおやじ嫌いですか♦
    天然オナホール女ゆうな40kg ♦激しすぎるおやじ嫌いですか♦

    ゆうなとの付き合いは、まだ日が浅いけど反応がエロいし、モッチリ肌もさわり心地良いし、 正直全然飽きる気がしない。 肌質とかって天性の物だし、賞味期限付きだし味わえる時に味わうのが吉。

  • 処女 最後の日 ゆずか
    処女 最後の日 ゆずか

    Aカップの小さい胸は不安と緊張と少しの期待でドキドキが止まらない。初めてのキス。初めてのオナニーにフェラチオ。初めてのSEX。そして…初めての中出し。処女喪失の全記録をノーカットで収録しました。痛みに耐え、汗だくで一生懸命、肉棒を受け入れる少女。絨毯を掴み、痛みに耐えた少女は、大人への階段を登りはじめる…。

19歳と4か月。処女卒業。

kage
  • 私の彼は妹の高校の先輩。私と同じ年。妹と妹の彼氏、私と彼の4人でよく出掛けていた。毎日のように連絡を取り、好意があるのがバレバレなメールも送ってたし、時々ふたりで会ったりもしていたけれど、私の事をどう思ってるのか分からなかった。聞きたいけど聞けない、そんな感じ。会うたびに進展を期待すれど何もなし。

    ただ、その日は、ちょっと違う。「その日は遅くなっても大丈夫?」と、事前にそれとなく匂わせるメールが来ていた。遅くって…。私はそれまでのこともあるから、余り期待しないようにしていたけれど下着から何まで一揃い新しくして出掛けた。

    彼との食事も淡々と終わり、お茶でもしようと誘われる。駅前の店に向かおうとする途中、「こっちの方でもいい?」と彼に聞かれ、どこかの喫茶店にでも入るのだろうとついて行く。そこは結構離れた場所、その時はその先にある場所の存在を忘れていた。角を曲がると怪しく浮かび上がるネオン。ホテル街だった。

    ここで「入っても良い?」と念押しされる。私には願ってもない機会。大丈夫なはずの私も彼に改めて聞かれると急に緊張し出して、ちゃんと返事できなかった。後ろから押されるようにして彼と入った。本当は腕組んで入りたかったけれど彼は手を繋ぎたがらない人。そういうことがどうも苦手のようだ。

    ふたりきりでも会うようになってから半年くらい経っていた。付き合おうとか、好きとか、そういう言葉が一切ないまま迎えるのは不安だったし悲しかったけれど、今よりも近くで彼の体に触れられるのは嬉しかった。

    ベットでは余り入らなくて悔し泣きをした。痛いのもあるけれど、もっとちゃんと彼と出来なかった方が悔しい。「初めてだから仕方ないよ。みんなそうだって」と彼は励ますように悲しむ私に言った。「ほら、頑張った証拠じゃん」と血のついたシーツを指さして微笑む彼に私はご褒美のキスをせがむ。

    言葉で好きだと言われないまま初体験を迎えたけれど、どうやら私の事が好きらしい事はよくわかった。頭と頭をくっつけ抱きつき感じられる体温からも彼の優しさが伝わる。私の初めてを彼にあげ気分良く彼との交際を始めた。19歳と4か月のある日の出来事。

  • 【素人動画】第86号 超高画質HD!超超超プレミア!最強口リ顔!すべてがパーフェクト最強ハメ!
    【素人動画】第86号 超高画質HD!超超超プレミア!最強口リ顔!すべてがパーフェクト最強ハメ!

  • 何も知らない!?女の子を!! そのままフライング投稿!! vol.03
    何も知らない!?女の子を!! そのままフライング投稿!! vol.03

    まだあどけなさ全開の少女まい18才。見た目の割にはなかなか豊満でエロい乳!!ショッピング中にダメ元で声掛け連れ込んだ(笑)あまりにも男慣れ?の無い子なのでもしや…ビンゴォ!!まさかの処女だった!!

25歳で処女。実の姉に嵌められ・・・

kage
  • 私の初体験は遅く25歳の時ですが良い思い出ではありません。私は父に遅くできた子だから昔から箱入り娘に育てられ、㊥学から大学まで女子校育ち、卒業した後も父親の経営する会社で経理や事務を手伝って働き男性とお付き合いすることもなく25歳まで過ごしていました。そんな私とは対照的な12歳離れた母親違いの姉もいるのですが姉は自由奔放、早くに結婚し、離婚して実家へ帰ってきてからも男友達と遊び回っています。姉がそういう風に育ったから余計に父は私を箱入りに育てたのだと思っています。

    あれは休日に買い物へ出かけた帰りに街中でばったり姉と遭遇した時のことです。姉は若い男の人たちと食事に出かける所で私も一緒に誘われました。私自身、姉の事が苦手で避けていたのもありますが姉とは外食に出かけたこともなく断りたかったのですが男の人たちからも誘われて断りにくい雰囲気になり、やむなく食事に行くことにしました。すると、食事だけで帰る予定がその後も飲みに誘われて飲みに行ったら、しばらくして姉が酔っ払い私に絡みだしました。男の人たちに私が後妻の子、昔から暗くて地味、女らしくないなど私の批評を始めたかと思うと、「この子、25歳なのにまだ処女なのよ」と男の人たちに言い放ちました。

    姉に経験がないことを話したこともなかったのですが一緒に暮らしていて、今まで誰とも交際している様子がなかったのに気づいていたようです。私も25歳にもなって男性経験がないことは友達にも隠していた秘密なのに、姉から見ず知らずの男の人たちに大きな声で話し、あざけ笑われるとは思わず、男の人たちからも質問攻めにあうと泣きそうになるほど動揺してしまいました。私が経験が無い事とは何の関係もない姉から何故か責められ続け、しまいには一人の男の人に「じゃあ、お礼するからこの子とセックスしてあげて。」とまで言いました。

    しかし、そのような会話が続いて場の空気がしらけてお開きになり、私が帰ろうとしたら姉に呼び止められ、本気で私を男の人とホテルへと誘いました。「あんた、セックスしてきなさいよ。ハタチまでならいざ知らず、25にもなって処女じゃ恥ずかしいよ?中高生でも経験してるよ」「経験できそうな相手の当てあるの?」「父の会社で働いて処女のまま30、40になるよ」と責め立てられ、反論しようともしましたが何一つ言い返せず、そのまま急かされて男の人にホテルへ連れて行かれました。

    ホテルに入ると服を脱がされ、一緒にシャワーを浴びに入ったら私の身体を舐めるように見られ、身体中を触られました。その様子がとても不快に感じて抵抗しましたが男の人の力には勝てずになすがままにされ、シャワーから上がるとベットに押した倒されました。

    私の中に入ってきた時には痛さを我慢できなかったです。しかし、私が痛がったり嫌がる仕草を喜ぶかのように続けられ、一度終わっても、また次を、という感じに何度も何回も夜中まで続きました。次の日の朝、車で自宅まで送られ帰りつくと姉に迎えられましたが、「あら、女になったんだ。おめでとう」と、薄ら笑いを浮かべて言われた時は怒りで体が震えるぐらいの感情が込みあげ本当につらかったです。

    私は姉から離れて暮らしたいたいと思いましたが理由を父に話すわけにもいかず悩んでいた所、適齢期だった私に親戚の人が持ってきた縁談の話を聞いて、姉から離れたい一心でお見合いをすることを決め、そのままその人と結婚することにしました。姉から逃げるために結婚したことについて夫には申し訳なく思いますが、幸い夫はとてもいい人で今では子供もいます。結婚した時も子供が生まれた時にも姉からは「あの時セックスしたおかげね」などと言われもしましたが、昔と違い今の私には夫も子供いて、バツイチの姉に何を言われてもめげないほど強くなりました。 しかし、今は幸せでもあの時のことは悔しくて忘れられません。

  • 【巨根VS素人】みゆ 148cm 中出し 徹底的に逝かせ快感で泣かせながら中出し Pt2
    【巨根VS素人】みゆ 148cm 中出し 徹底的に逝かせ快感で泣かせながら中出し Pt2

  • 処女 最後の日 ゆずか

    Aカップの小さい胸は不安と緊張と少しの期待でドキドキが止まらない。初めてのキス。初めてのオナニーにフェラチオ。初めてのSEX。そして…初めての中出し。処女喪失の全記録をノーカットで収録しました。痛みに耐え、汗だくで一生懸命、肉棒を受け入れる少女。絨毯を掴み、痛みに耐えた少女は、大人への階段を登りは

地味で暗く目立たない暗い子だった処女が、突然の閃きで大人に

kage
  • 高校時代、地味で暗く目立たない暗い子だった私ですが、進学して地元を離れるのを機に髪も染めて明るく振る舞うようにしました。しかし、中身は高校時代の地味で暗い子のままの私はサークルや合コンでも彼氏が出来ませんでした。

    ところがある日のサークルの飲み会の後で、1年先輩のT先輩が私が飲み会で忘れた物を部屋まで届けてくれたのですが、「缶酎ハイも忘れてたよ」と持ってきて部屋で飲み始めることになりました。私はビールをグラス1杯ぐらいしか飲めなくて既に飲み会で飲んでいたのですぐに酔ってしまい、飲み進むうちに私はT先輩と恋バナをして、まだ経験もない処女だと話しました。いつしか私はT先輩にもたれ掛かり、T先輩も私の肩を抱いてくれたら、そんな雰囲気になりキスしてしまうと激しいキスとなってベットへいざなわれました。

    私は、ぼーっとなってしまっていて、胸とかを触られると暖かい手の感触でフワフワした感覚になって気持ち良さに包まれ私は拒否しませんでした。T先輩が手馴れていたのと私が悪酔いしていたのとで、流れのまま私は全てを脱がされ身体を包み込むように抱きしめられて、T先輩のが押し当てられた時には我に帰りましたが手遅れで「私、T先輩とで処女失くしちゃうんだ…」と考えていました。

    入口のあたりで、もう限界を迎えて「痛い!」って言ってしまうと、「ちょっとだけ我慢してね」との言葉に頷き、痛みに耐えました。しばらく抱きしめてくれた後に、T先輩が動きだしすると泣き叫ぶほどの痛みではありませんが、ピリピリとして時折ズキンとくる痛みが走りました。何度目か「痛い!」と言いましたが徐々にその間隔が長くなり、「もうすぐ終わるからね…」と言われた時には、私は「もう少し長く続いても良いかな…」と惜しく思っていました。最後、奥まで突き上げるように突かれて終わったら私はT先輩の身体を両手両足で強く抱きついていました。

    しばらくしてT先輩に身体を起こされシーツを見ると、手のひらサイズの大きな私のシミがあり、痛みの割に血は出ませんでした。お互いにシャワーをした後に二人でより添って寝てから翌朝T先輩は帰って行きましたが、帰り際、私は唐突にT先輩に付き合ってほしいと告白しました。それまで一度もT先輩とそういうのを考えた事もなかったですが、この時は瞬間的に「T先輩のことが好き、付き合いたい」と思いました。そして、今はT先輩と幸せにお付き合いをしています。

    私はそれまで、何々みたいになりたいな、何々したいな、と考えてから行動して結果的には何一つ叶えられませんでしたが、瞬間的な閃きでT先輩に告白したら叶えられました。何事もこういう閃いた行動が大切なんだと今は気づいて、「私、少し成長したな」と思ってます。

  • 【素人ハメ撮り】パイパン18歳美女 某人気アイドルの姉とハメ撮りpart3【個人撮影④】
    【素人ハメ撮り】パイパン18歳美女 某人気アイドルの姉とハメ撮りpart3【個人撮影④】

    この子のハメ撮り第三弾です。 今回はスクール水着を着てもらってハメました。 三度目のハメ撮りともなると随分なれてきたみたいです。 苦しみながらもイマラチオをし、もう無理、といいつつも再度また自分からくわえにきてくれました。この子は本当に楽しそうにエッチをしてくれます。 大好きなのでしょう。スタイルがよく敏感な体、激しい喘ぎ声は相変わらずです

  • 現役大学生 決意の処女喪失デビュー 芦田知子
    現役大学生 決意の処女喪失デビュー 芦田知子

    現役女子大生のバージン美少女がAVに初出演!●学校の先生になりたいというふんわりタイプの知子ちゃん、周りには処女であることは内緒でちょっとコンプレックスな様子。初めてのチンポにドキドキ、初挿入の痛みにも耐えてオンナになります!恥じらう少女を辱めるエロさの詰まった一本です!

体の相性が最高だった彼との初体験

kage
  • 私が初めてHしたのは21の時でした。同じ大学の彼がいたのですがキス止まりの関係で、それ以上はなかなか進めずにいました。一人暮らししてる彼の部屋に行っても昼間からそういう雰囲気にはなれず、実家暮らしの私には門限があって何も無しだったのですが、ある日、彼と近くのコンビニへ買い物に行った帰り豪雨に遭い二人ともびしょ濡れになり、仕方無くお風呂を借りて服を乾かす事になったから私が冗談ぽく「一緒に入ろうか?」と言ったら、彼が半分本気で「入ろう~」って返してきて一緒に入る事になりました。

    私は冗談で言ったつもりが本気にされ、男性の裸を見るのも初めてだったからドキドキしながら顔を壁側に向けていたら彼がバスルームへ入るなり、後ろから私を抱きしめ、頭の中が真っ白になって動けないでいる私の胸を揉みました。それでも私が何も言えずにいると、ここぞってばかりに先っちょをキュッって摘まんだり胸を鷲掴みにして揉み回したりを続け、ついには私の股の間に手を挿し込みだしたので堪らず彼の方へ振り返り抱きついて身体を密着させたら、お腹に固い物体が、思わず離れると彼のアレが眼に飛び込みました。

    後ろも向けず、彼の顔も見られず、私はもうどうする事も出来ずに眼だけを逸らしてたら、彼に抱きしめられ触られ放題にされ、お尻の方から割れ目を指でなぞられる度に身体がビクッビクッとつま先立ちになっていました。触られている内に徐々に慣れ少し落ち着いたかと思うと、今度は「ほら、ヌルヌルしてるよ」「感じてる?」と言葉攻めをされ、「あんっ、やぁっ、だめっ」って、バスルームに私の声が響きわたり、彼の手を押さえて止めようとしても止まらない状態で完全に放心状態になりました。シャワーを浴び事になっても彼に手で撫で回すように身体の隅々まで洗われ、終わると今度は私が彼の体を洗う順番、手が振るえ彼の身体を触るのもやっとで彼が私の手首を持ち動かして洗わされアレも握って洗いました。

    入浴が終わり、髪を乾かす間もなくベットへ向かい長いキスのあと、また私の手を取りアレを握らされたら更に熱く固くなっている感じがしました。彼が私の腰を浮かせ足を持ち上げてアソコに先端をゆっくりと私に降ろし始めたら、アソコが裂けて広がっていくような感じがしたので「いたい、いたいっ、」と叫び、彼の肩を掴んで押し返して抜こうとしましたが、動けないで私の中にどんどん入ってくるのが見えました。痛さで震え固まっている私に対して、彼が抜き差しを繰り返してるのが見え、アソコから血も出始めたら怖くて眼をギュッと閉じ、終わるのを待つことにしました。

    ただ痛くて仕方ありませんでしたが、目の前で私を抱きしめている人が好きな彼で、私の初めての男なんだと思うと身体は痛みと怖さで震えていても心の中では落ち着き、あいかわらず「いたいよ、いたいよ」と叫びながらも私の中では裏腹にこすれる痛さと同時に満たされる気持ちも湧きました。息を切らしながら動き続ける彼に、私も精いっぱいの事をしようと途中からは彼が突き上げる度に甲高い声で「あんっ、んっ、」と声を出しました。時折、私のおっぱいを吸っている彼を見たら愛おしく、自然と私も彼の腰に足を巻き付け痛いのも忘れて彼のを奥深くまで受け入れ、しだいに動きが早まり彼が「うぅ、うぅ」と声を出し始めると私も「あああんっ!」と彼をぎゅうっと抱きしめたら、ビクン、ビクンという振動がコンドーム越しに私の中で感じられて彼が発射しました。

    彼の全てを受け止めた私は彼に抱き起こされるまで動けずにいましたが、抱き起こされベットの淵に座り見てみると、血と粘液が垂れ出し下に敷いていたバスタオルも赤く染まり、彼の下半身にも血の痕がありました。再びシャワーで洗い流すためにバスルームへ行くと彼のも再び固さを取り戻し、2度目をバスルームですることになると向かい合って立ち彼の眼を見つめながらしました。上がってからもベットで彼に覆い被さられると私も足を広げ彼のを向かい入れ、3度目をしている時には眼を閉じるのも惜しく、彼の眼をずっと見つめながら、気付くと「あんっ、あんっ」と声を出しながら叫んでいました。

    しかし、その後も彼とは数え切れないほどのセックスをしましたが半年ほどで破局を迎え、今では友達の関係になっています。まだ男性経験も彼一人しかありませんが、あれほど身体の相性が良かったはずなのに関係が上手くいかなかったのが残念で仕方ありません。

  • 水泳部所属の地味目中●生、顧問教師と初SEXで処女喪失! 峰崎まえ
    水泳部所属の地味目中●生、顧問教師と初SEXで処女喪失! 峰崎まえ

    中●生の処女、まえちゃんは水泳部に所属している真面目女子、しかし、日々悶々とエッチなことを妄想するむっつりスケベさんだった。憧れの水泳部顧問の先生に処女を捧げたいと願ってか、担任の優しい教師に相談したのだろうか?まえちゃんの処女喪失記念日と3人の関係はとんでもないエロイことになっていった…ガチ処女地味目娘の反応は必見!