子供の頃から知ってる仲の25歳処女と18歳童貞が電撃初体験

kage
  • 26歳の事務員です、昨年7つ年下の新入社員だった彼とセックスしたのが初めてでした。彼は去年の春に私の勤めている会社へ入社して来たのですが会ってビックリしました。何故なら彼の事は子供の頃からよく知っていたからです。

    彼は私の実家のすぐ近くに住んでおり、子供の頃よく一緒に遊んでいて親同士も馴染みの仲なのです。私は21歳の時から会社近くで一人暮らしを始めたので、それからはあまり会うこともなかったですが年末年始や実家に帰った時に会って話したりはしていました。しかし、まさか私の会社へ偶然就職するとは思ってもいませんでした。

    彼と会社では仕事内容や部署も違うので昼食時間以外は話す事もありませんが、退社時間は同じなので一緒に途中まで帰る事が多かったです。そして、去年の忘年会に一次会が終わり二次会はカラオケになりましたが年配の人が多く面白くないので抜けて帰る事にしました。

    彼も未だ未成年でお酒が飲めないから同じく先に帰る事になり私が車で送ろうとしたのですが、その途中に一人暮らししている私の部屋見てみたいと前から言われていたのもあり、私の部屋で少し 休憩してから送っていく事になりました。

    私はそれまで処女だった訳ですが、子供の頃から知っている仲なので抵抗感持たずに彼を部屋に招き入れおしゃべりしました。他の男性なら二人きりでお話するのも照れてしまうほど男性免疫が無い私なので、部屋に招くなど絶対出来ないですが「じゃ、私の部屋で休憩していく?」と軽い気持ちで呼べたのも男性とは言え7つ年下だったのも大きかったと思います。私にとっては弟みたいな感覚なのです。

    最初は仕事や会社の人の話をしますが、やがて内容がプライベートな事になり「○○(私の名前)さんって彼氏とかいないんですか?」と聞かれました。私は「今はいないな~」とちょっと見栄張って答えましたが、今度は逆に私が「○○(彼の名前)君はいないの?」と聞き返したあたりから空気が変わっていきました。「居ないです」と答える彼に私が悪戯ぽくお姉さんぶり「どんな子がタイプ?」「会社に好きな子とかいる?」「仲介してあげるよ」と畳み掛けるように質問攻めするとモジモジしだし可愛いな等と私は思っていたのですが、ボソッと「・・・が好きなタイプ」と答えました。良く聞こえなかったので「誰々?好きな人の名前ぐらいハッキリ言いなさい」と偉そうに言いましたが「○○(私の名前)さん」と答えられ、私の方が慌てて思わず「えぇぇぇ~~」と大きな声が叫んでしまいました。ハッキリ言って私はモテた事もなく、好きな人に告白した事はあっても断られた事しかなかったです。なのに突然、私の事が好きと告白され、それが7つも年下の子供の頃から知っている彼ですから、驚くどころか驚愕して耳まで真っ赤に照れてしまいます。

    彼には「ちょっと待って、よし少し落ち着こう」と余裕ある態度を見せながら飲み物勧めましたが、本当は私の方が興奮して大変でした。それから無言のままの時間が少し過ぎてからゆっくり話を聞いていくと、私がいわゆる初恋相手、思いがけない再会で毎日話す内に本気で好きになったと言われました。しかし当時私は25歳、彼は18歳ですから流石に好きですと言われたら嬉しく思っても恋愛対象とは見られなかったです。

    「10代の頃は恋愛経験少ないから親しくなった女の人なら誰でも好きに感じたりするものなのよ」と、恋愛経験も無い私が諭すように話しましたが、彼の悲しそうな顔になるのを見たら、私も複雑な感情を覚え、可哀相でもあり、可愛らしくもあり、微笑ましくもあり、心ときめきました。

    そして、どういう訳か「チュウしてみよっか」と私から切り出し、まだ男性とした事のないキスを彼としました。私としては、おそらく叶えられない恋のお詫び、私の事を好きと言ってくれた彼への感謝のつもりでファースト・キスを彼に捧げるつもりでした。

    しかしですね、チュウがブチュウとなり、いつの間にか舌を絡めたディープキスになって、そんな事している内に彼に私の胸を揉まれたら彼に抱きつくようになっちゃいまして、やがて彼の手が胸の中に入り生胸を揉まれたら気持ち良くなって思わず感じてしまいました。当然、興奮した19歳男子の彼は感じてしまっている私を止める気など全く無く、鼻息も荒くなった彼は私の下の方まで手を伸ばしてきました。さすがに私も「ここはダメ」と拒みますが、彼の力の方が勝り床倒されると抱き合い、足の間に手を差し込まれたら、ついには私も「ここじゃ嫌」とベットに誘いました。

    正直、怖かったです。痛いんだろうなぁとは思っていましたが取り敢えずコンドームは付けないといけないと思い、彼に追加の飲み物や食べ物と一緒にコンビニへ買いに行かせました。その間に私はお風呂に入り、身体を隅々まで眼で見て丁寧に洗い、冬場で疎かにしていた脇も剃って、お風呂からあがると彼がコンビニから帰って待っていました。今度は交代で彼にお風呂に入らせている間に、私はコンドームの説明書を読んだり、した事もないエッチの手順を頭の中で整理しました。

    その後ベッドで抱かれました。最初は私のペースで進めるつもりでいても初めての事で不慣れな上、興奮さめやらぬ彼が主導権を握ると彼のペースで進みました。ホントに痛かったです。彼のおチンチンは大きかったし、とてもアレが入るなんて思わなかったです。私的にはメリメリっと音を立てて入ってきた感じで、血は思ったよりは出なかったですがシーツには少し血のシミを作りました。彼は血が出てるのを見て「処女だったんすか??」と、ビックリもしていましたが喜んでもくれました。私は処女では無い、とは話してはいませんでしたが処女ではない風を装っていたので当然です。

    まぁそれからは彼とのお付き合いが始まり、私にとっても初めての彼氏で7つ年下の若い彼に夢中にもなり、最初の2ヶ月ほどは生理の時以外ほぼ毎日愛し合いました。痛みは比較的早くに無くなり感じられるようにもなって、私がお口で抜いてあげる事も彼の腰使いも上達したと思います。会社の人には歳の差があり過ぎて恥ずかしいので今も秘密の関係ですが、今も金曜日の夜から日曜まで私の部屋に泊まっていきます。彼はまだまだ若くても私が適齢期なので最近は「結婚したい」と言ってくれまして、とりあえず一緒に住もうかと話しています。

  • 本物素人処女9人
    本物素人処女9人

    2014年アンチMM号に乗り込んだ総数200人以上!それだけ撮ってればやはりいました『リアル処女』。今さっきまで街を歩いてた本物等身大処女9人を一挙に放出!意外といる『フェラまで処女』や『なんと!アンチMM号で処女喪失』まで。演出されていないリアルな処女たちの対応は永久保存版間違いなし!

スポンサーサイト
[PR]

手を繋ぐだけで赤らんでしまうほど初々しかった処女が交際初日に処女喪失。

kage
  • 付き合っている彼と初めてエッチした時のことです。その頃の私は彼の手に触れただけでも反応して赤らんでしまうくらい初々しかったです。

    付き合うことになった日、初めて彼と手を繋ぎました。手を繋いだ瞬間に胸の奥ら辺がキュンってなって、しばらくあま~い会話を楽しんだ後に『チュウしよっか』と言われ、私はコクリと頷きチュウしました。初めてのチュウは軽めのが来ると思っていたら、意外とネットリとした長いチュウで変な気分になりました。

    『チュウって気持ちいいな~』って思いながらキスをしていると、一段と感じて来て唇以外の全身も刺激され敏感になり頬も紅潮して目もトロンってなっていました。まだ、友だちからの一線を越え一歩を踏み出したばかりなのにそんな私の心の中を彼に見透かされたらと思うと恥ずかしいかったです。

    更に彼と抱き合ったまま身を委ねていると、彼の『男』の部分が硬くなっているのにも気付きました。いつか私も『これと…』なんて考えだしてしまいました。

    『誰だっていつかは経験する事だから別に恥ずかしい事じゃない、自然体でいたら良いだけなんだ』って冷静になろうと自分自身に言い聞かせるように考えていましたが、彼に『胸触ってもいい?』と聞かれたら冷静さを失い理性も保てなくなりました。

    それまで胸が感じるとか思った事もなかった私だったのですが、彼に胸を触られると凄い気持ち良くて全身に電気が流れるような快感が走りました。その時は全身どこを触られても感じていたと思います。

    しばらくして、彼が私の顔を覗き込みながら『もう俺我慢できないかも』と言いました。彼の『男』の部分が硬くなっているのに気付いてた私は『私の事を思って彼は…』と考えると嬉しくって私が責任とらなきゃと、『我慢しなくても良いよ…』と答えて付き合う事になったその日にホテルへ行きました。男の人とチュウどころか手を繋いだ事もほぼ初めての私が、その日に胸も触られ感じてしまいホテルへ行く事になろうとはまったく想像していませんでした。

    ホテルではお互い服を全部脱ぎ裸で何度もチュウしながら抱擁を繰り返してから彼と繋がりました。私が慣れなくて『えっ、えっ』って戸惑いながら多少気まずい雰囲気にもなりましたが彼とちゃんと出来ました。

    エッチの最中、彼が喜んでくれてるのか気持ち良いのか判らない不安から彼の表情を伺っていると、私が物悲しそうな表情をしていたみたいで『気持ち良くない?痛い?』と逆に聞かれました。『ううん、そんな事ないよ』って答えたけど、彼に心配させちゃったのが気になって『気持ちいい?気持ち良かったらイっていいよ』と言うと、彼が『二人で気持ち良くなる為にするものなんだよ』って私も気持ち良くならないといけないって教えられました。

    その言葉に私はハッとなり、『彼を気持ち良くさせられるのは私なんだ』と心の中の不安が解けた気がしました。私が感じて気持ち良くなっているのを彼に知らせたくて、どんな声を出せばいいのか判らなかったけど、我慢せずにあえぎ声を出して聞いてもらいました。私の心から出した声は彼に届いたみたいで彼の表情もいくらか気持ち良くなったように見えました。

    その後に私も絶頂を迎えそうになった頃、彼も『そろそろイキそう。いってもいい?』聞かれ『うん』って答えると、動きが突然激しくなり私も彼を強く抱きしめ絶頂を迎えると彼も私の中でイキました。私の『女』の部分がはち切れそうにまで硬くなっていた彼の『男』の部分が私の中で萎んでいくのが感じて、私でイッてくれたんだと実感が沸きました。それからは彼とエッチする時にはお互いに『気持ちいい?』と聞きあい、『そろそろ一緒にいこうか?』と確かめ合ってから二人で絶頂迎えてイクようになりました。

  • 未公開セクハラ面接大放出!ザ・処女喪失 豪華版(6)~ひかり23歳&このは20歳
    未公開セクハラ面接大放出!ザ・処女喪失 豪華版(6)~ひかり23歳&このは20歳

    ▼ひかり23歳&このは20歳という生娘2人に対し、処女喪失前に‘セクハラ面接’!何も知らないのをいいことにセクハラしまくり!初めて異性にマ○コを見られて赤面!▼ひかりちゃん23歳はこれまで出演した処女の中で、最も初体験で感じてしまった女の子。初めて人前で裸を見せると恥ずかしくて赤面。カメラに慣れるためと諭して、喪失前の貴重な裸をたっぷり堪能◆このはちゃん20歳はかなりの美乳の持ち主。おっぱいを揉まれまくると照れながらも微かに反応して…

中ニから9年間半交際して結婚しました。男性経験は主人のみ。

kage
  • 初体験の相手は主人。中ニから9年間半交際して結婚しました。男性経験は主人だけです。

    主人とは小学校の時から同級生の関係でした。その頃から好きだった相手ではないのですが、気が合って仲が良い関係で中ニの時に同じクラスになって親しくなり、どちらが交際を申し込んだわけでもなく自然と交際を始めました。交際を始めたキッカケは、キスした事ある?キスしてみたい♪とキスの話をしてて実際にキスしてみることになり、私のファーストキスだったのだから責任取ってよ!という感じです。

    それからも早熟で好奇心旺盛な性格だった私はエッチな事を主人と高校生になる前に色々経験し、最初は体のさわりっこから始まり、裸の見せ合いっこ、オナニーし合いっこに、フェラとクンニし合いっこをしていました。しかし、初体験だけは遅くて19歳の時でした。

    別に真剣に考えるとまではいきませんが、私にとって最後の砦というか、貞操だけは結婚するまで守りたい気持ちも少しはあったのでセックスだけはしてなかっただけです。高校生になってからは日常的にフェラしてイカせてあげてたし、私もクンニしてもらいイク事も気持ち良いのも覚えていたから私はそれで満足してました。後から主人に聞くと当時は凄くセックスしたかったそうです(笑)

    さすがに19歳になると周りの子も半数ぐらいが彼氏がいて経験済みなので、私達は中ニから交際していましたから当然経験済みと思われていたと思います。本当は違いましたが(汗)

    だからと言って焦りだしたわけではないですがセックスしてみようと思い経験しました。裸見るのも見られるのもフェラやクンニだって手馴れたものですが、コンドーム付けた事がなかったのでいきなり手間取りました(笑)しかし、それ以前にラブホに行ったのも初めてだったからラブホのシステムが判らず入る所から苦労しっぱなし・・・。フェラとクンニならどこでも出来るからラブホも初体験でした。

    それでもなんとかラブホに入り、お風呂にも入って、ベットで69、セックスの一歩手前まで漕ぎ着きました。いきなり太いのを入れるのも怖いから指1本から試しに入れてもらうと既に痛かったです・・・(涙)でも、ここまで来て止めるわけにもいかずラブホの時間も限られているから、指1本、2本、3本と増えしていき、最後に太いのを入れてもらいました。

    本当に初めては痛かったです!!指の段階からクンニだけでも気持ちいいのに、みんな何でセックスするんだろう?と疑問に思いました。太いのを入れられたら、もう絶対セックスしない!!とまで考えました。

    私はバスタオルを握り締め口で噛み締めながら痛みに耐えていたのに、主人は凄く嬉しそうに腰振っていました(笑)口では痛くない?大丈夫と私を気遣っていても、身体だけは別で腰をガクンガクンと・・・

    おかげで終わっても股が痛くて、足も力が入れ過ぎてたから内股が筋肉痛でした。セックスよりクンニだけの方が良いと心底思った初体験でしたが、一度セックスをしたら次からは主人がセックスがしたいと言い出しセックスするようになりました。しかし、1ヶ月ぐらいしたらクンニだけよりもセックスの方が感じられるようになったので、私もセックスが好きになりました。

    当時はラブホもメルヘンチックなのからチックな部屋まで色々あるのを知って少しハマったのもあり、主人は高校卒業してから働いていましたがデート代の大半がラブホ代に消えるほどラブホ巡りをして記念セックスをするほど病みつきになり、毎日でもセックスしたかったほどでした。一時は倦怠期を迎え全然セックスをしない時期もありましたが、私が23歳、主人が24歳の時に結婚をして5年経った今でも新婚のように1日おきにセックスします。

    私の場合、初体験は遅くてセックスは2度としたくないと思ったのに、性体験が早くてイク事を覚えてからだったから好きになれたのが大きかったと思います。

  • 女喪失の時よりも泣いた激しいセックス。 御舟みこと 149cm
    女喪失の時よりも泣いた激しいセックス。 御舟みこと 149cm

    「キレイなものは汚したくなります」会う度に可愛くなっていました。嫉妬して激しく責める事にしました。入らなさそうな大きなペニスで穴を掘るようにピストンをしました。外で裸にしたり精子を浴びせたりもしました。処女喪失の時より泣いていました。