【女性による処女喪失体験談】行きずり男で貞操を…。

kage
  • 28歳での初体験。若い頃から結婚まで貞操を守り、初夜に捧げ、甘い結婚生活を夢見ていました。まぁ単純に私が男性にモテない後付けの言い訳かもしれませんがそこはお察しください。こんな私も26歳になると会社の人を介して知り合った男性と婚約、直後から男性の実家で早々に同居を始めるのですが上手くいかず不和になり、僅かな手切れ金と引き換えに婚約破棄されます。

    寿退社する前だったのがせめてもの救い、ですが会社の人からは腫れ物に触れるか如く扱われ自暴自棄に陥ります。ほとんど呑まなかったお酒も仕事が終われば一人寂しく馴染の店で呑む機会が増え、そして出来心である男性について行きました。私をそう言う出会いを楽しむ女だと思っていたようです。しかし、ベットに入って初めて私が経験の少ない女だと知ります。少ないと言うよりまっさら、同居を始めてからも初夜まではと貞操を守っていました。

    入浴を済ませジョークを交えた気さくな会話のあと抱かれます。胸はまだ声抑えられても下はもうダメ!胸とは比べ物にならない程感じて、「もうこんなに濡れてんだ?」って意地悪そうに弄られます。男性の上に後ろ向きに跨り、お尻を男性の顔の前に突き出してお口でのを奉仕させられますが、とにかく咥えてモゴモゴするだけで「もっと舌を使って」「もっと奥まで」と矢継ぎ早の指示が飛び従う間にも音を立てながら下を弄られ気が狂いそうでした。お口での奉仕が終わると即挿入の時がやってきます、身構える間もなく入り「あっあぁ…!」「はぁっ…いやっ…ダ…メ…!」。男性にしがみつくのがやっと、口もキスで塞がれ私は声を飲み込むしかありません。よく濡れていた為か処女の痛みらしきものはありませんが初めて入れられる狭苦しいさはあって、シーツには恥ずかしさを覚える程のびっしょり濡れた跡がつきます。ピンク色に染まっていたので訊ねられもしない内から慌てて「生理が始まったかも…」と嘘をつき、処女であることはバレませんでした。このあとたっぷり2、3回こなし、それからも何回か機会を持ちますがしばらくして男性とは連絡が途絶えました。

    意外にも肩の荷が下りた気分でした。長年夢見た結婚が破談になり、全てを失ったような喪失感に支配されていたのが処女を喪失してみると逆に無くなって良かったと思いました。貞操を守る必要はもうないですから、これからは自由に誰とでも恋愛して自由にセックスが出来ると思うと人生が楽しくなります。タガが外れたように自由奔放で積極的な性格に変わりました、いいなって思える人に接近してデートしたり交際したり抱かれたり…。「たった一人の運命の男性を待ち望み添い遂げる」が理想かもしれませんがほとんどの人そうじゃないですし、前の恋より次の恋へとステップアップして何時か良い人に巡り会うのも悪くないと思います。今はこれまで出来なかった恋をこれからたくさん経験したいです。

  • 【個人撮影】声優志望のSEX大好き女子大生20歳&ワケアリ爆乳剛毛美人妻32歳【2名ハメ撮り収録】
    【個人撮影】声優志望のSEX大好き女子大生20歳 ワケアリ爆乳剛毛美人妻32歳

    ▽一人目。20歳の彼女はまだ少し垢抜けていない感じのかーなりうぶい女の子です。恥ずかしいやら不安やらで撮影が決まってからずっと変なテンションになっていました。裸になるだけでオマ○コは濡れ濡れ、恥ずかし濡れです。挿入すると、これがまた甲高い声で喘ぎます。▽二人目。彼女は結婚して8年目の専業主婦とのこと。旦那さん以外のセックスするのは忘れてるほど久しぶりという彼女。反応が薄いと思っていた彼女の反応の良さに驚き。完全に寝取った気になるぐらい、思いっきり感じてくれています。

  • 純潔処女 木葉ちひろ20歳 kawaii*専属AVデビュー
    純潔処女 木葉ちひろ20歳…

    木葉ちひろ―20歳の決意―ずっと大切に守ってきた‘処女’「決めました…今日で私、卒業します…。」本物処女のパイパンマ●コに突き挿さるはじめての衝撃。はじめて見るおちんぽ。生々しい肉棒の感覚に思わずビクンッ!キツく小さな入り口、未使用のピンクひだマ●コ…。処女損失からいきなり仰け反り絶頂!「アナタに捧げます」

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック