処女だったけどH大好き娘になりました

kage

  • 短大へ進学して初めてのアルバイトをした時に、今の彼氏と知り合い経験しました。
    高校は女子校で男の子との接点なし、運動部に入ってたからショートヘアーでお洒落する事も
    なくて、短大へ進学してからメイクや服装を頑張って作った彼氏です。

    彼は一人暮らしをしていたから付き合い始めて2ヶ月ぐらい経った頃に、彼の部屋へお掃除と
    手料理を作りに行きました。
    それまでにキスは経験してたけど、処女だと言ってたから手を出さなかったみたいです。

    その日の夕方、二人でベットにもたれてTV見てたら、だんだん暗くなってきて部屋に
    夕日が差し込んできました。
    あたしの肩にまわしてた彼の手が脇の下へきて横胸をさわりだしたから、彼のほうを見ると
    あたしを抱き寄せてブラウスのボタンに手を・・・

    「何するんだろう」と不思議そうに見てると、ボタンを丁寧に一つずつはずしてブラ姿に
    されて胸元にキス・・・。 彼も自分で脱いで上半身裸になりました。
    二人ともずっと無言で、あたしもされるがままベットへ横たわって愛撫されてブラを取られました。
    スカートにも手がかかり、ホックを外されたから腰を浮かして脱がされると、彼が私の
    アソコに顔を埋めました。
    SEXの知識がなかったあたしはそんなことするとは思ってなくて、おもわず「いやっ」
    と言って飛びのいちゃいました。

    あたしが「なにするの!」って思ってると、笑いながら「逃げたらダメ」って言われて
    ベットに戻されるとパンツも脱がされ全裸にされると、彼も脱いで全裸になりました。
    あたしは彼の息子くんを初めて見て固まってました・・・。

    それからは唇にキスしたり、髪を撫でたりしながら、胸やアソコを愛撫されると、オナニーを
    したことの無いあたしでも、乳首とアソコを触られるたびに身体がビクッ!ビクッ!
    と反応しました。
    「濡れてきたよ」と言われてゴムつけた彼があたしに覆いかぶさると、ゆっくり入ってきて
    「痛い?大丈夫?」と聞かれたけど、あたしは全く痛くなくて「痛いはずなの?」なんて
    思いながら首を横に振ると腰を振りだしました。

    あたしは、「いつ痛くなるのかな?」「挿入して何分したら終わるの?」「どうしたら精子
    出して終わるの?」と疑問に思いつつも目を瞑って彼が動き終わるのを待つことにしました。

    そんな不安な中、しばらくして急に動きが速くなったので、すっかりあたしは「これからが
    本番なんだ。いままで優しくしてくれてたんだ」と勝手に思い込んでたら彼が動きを止めて
    終わったので「あれ?」と思いましたが、彼がコンドームに出したのを見て、やっと自分の
    間違いに気づきました・・・

    あたしは絶対痛いはずと思ってたから身構えていたけど痛くないまま、あっけなくて
    終わったので痛くないのは良いけど「大好きな彼氏の為に痛いのを我慢して・・・」
    みたいなのを空想してたから少し残念な気持ちでした。

    それからはデートの度にHして、同棲かと思えるぐらい彼の部屋にお泊りもして、
    1度に3回はあたり前、1日に7回もやって彼にギブアップさせたりもしました(笑)
    高校で運動部だったので体力は彼よりあります。

    SEXを気持ちいいって思えたのは半年くらい経ってからで、それまでは彼の気持ち良さそうに
    してるのを見るのが嬉しくてしてましたが、ある日突然、愛撫されてると「パァ~」って意識が
    飛んで逝ってしまって、その日から徐々に逝くようになって、今では彼以上にSEXが
    大好きになりました。

  • 〔ハメ撮り〕モ無 友達の妹からSEX相談を受けたので体で教えてあげました。本物処女

    〔ハメ撮り〕モ無 友達の妹からSEX相談を受けたので体で教えてあげました。本物処女


  • 普段は手も繋がないウブなカップルが林間学校の初夜に密会してコソコソ、
    イチャイチャしていたら、アッという間にキャンプファイヤーのように燃え上がった!

    普段は手も繋がないウブなカップルが林間学校の初夜に密会してコソコソ、イチャイチャしていたら、アッという間にキャンプファイヤーのように燃え上がった!

    クラスメイトにからかわれるのが嫌で、ずっとコッソリ付き合ってきたカップル。林間学校で初めて共にする夜。皆が寝静まったのを見計らって密会していると、すぐに燃え上がり互いの肌と熱を求めて貪り始め…タガが外れた若いカップルはセックスが初めてとは思えない程に乱れ、獣のように互いの身体を求める!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック