初体験してたら彼氏が熱中症になった(*´・ω・`)

kage
  • 初体験は17歳高➁の夏休み、相手は同い年の彼氏、場所は海岸近くの山。GWの後から付き合いだして、夏休みに毎日会ってたらエッチの方向に。服着たまま出来る事はやり尽したって感じで、早くエッチしたいなって思いました。

    ラブホは一応近くにあるけど車じゃないと入りにくい場所。街中のラブホへ行こうとも思ったけどホテル代高いし遠いから手軽に出来る場所考えたら海岸近くになった。地元がサーフィンで有名な海岸沿いの町だから野外でやってる人たまに見かけてて出来そうな場所も知ってたから、あそこならって感じで場所決めました。エッチするまでは人に見られるかもしれない野外でよくやるわって思ってたけど、実際私自身がやる番になったらそんなのどうでもよくなった。

    でもシーズン真っ盛りだから予定してた場所に向かったら先客の気配…。仕方ないから別の場所を探してウロウロ、ここなら海に来た人はまず来ないだろうって小山の中腹辺りの開けた場所に決定。波音が聞こえる清清しい海岸近くで初体験を予定してたのに、セミの鳴き声が煩い山の中…。

    文句言っても始まらないからレジャーシートを敷いて早速始めるけど、散々歩きまくって軽く登山もしたから始める前からお互い汗だくで、せっかく裸で抱き合えたのに汗で少し気持ち悪かったし気になった。特にフェラはモワッとした匂いがするし、私も初めてクンニされたのに臭くないか気になるから集中できなかった。本当はもっともっと前戯したかったけど、そんな状況だからあっさりで終えて挿入にチャレンジ。

    挿入以外のことは色々経験してるから平気でも、痛いかもしれないと思うとちょっとだけ怖い。でも、彼に身を任せ、私は汗で滑らないようレジャーシートを手足の指でギュと掴んだ。

    ゆっくりと痛くないか私に確認しながら挿入してくれて何とか挿入できたけど、私があまり濡れなかったからなのか動かれたら痛いし、滑りも悪くて動く時に引っかかる感じ。彼も気持ち良くなくイケない様子で時間掛かってた。それよりもじっとしてるだけの私でも汗をかく暑さなのに、彼の顎から汗がしたたり落ちるから熱中症や脱水にならないか、そっちの方が心配で気が気じゃなかった。

    やっぱり心配してたら予感的中して終わった時には彼がしんどそうな顔で様子が変。持って来てた飲み物全部飲み干しても足りず、私のあげても足りない感じだったから慌てて下山。コンビニで買ったスポーツドリンク2本一気飲みしたら少し落ち着いたみたいだけど、しんどそうなので帰ることにして心配だから彼の家まで付き添い帰宅した。だから、私の初体験の思い出って…彼の熱中症の心配した記憶しか…。そういえば、あの時に処女を喪失してたなぁって程度…。

  • 地方の素朴女子19才と再会してホテルで悪戯【私服ツインテ編】
    地方の素朴19才 ホテルで悪戯

    地方の素朴女子19才は生ハメが好き…でご存じの方も多いと思います。19才と若いですし、撮影した中では ルックス・体系も良い方です。 最初は全身撮影から頭をナデナデしたり足を開いてもらってピンクの可愛いパンティに電マをあてたり。トランクスごしにペニスを触ってもらってから大きくなった肉棒を社会の窓からだしてもらって手コキをしてもらいました。ギンギンになったところで小さなお口でパクっと咥えてもらって フェラチオしてもらいます。それからホテルのベッドに移って さらにエッチな撮影を…。

  • 『私、シタことないんです…』就活中の女子をナンパしたらまさかの処女!?初エッチの後、カノジョ面してきたので黙って中出しAVデビューさせちゃいました。
    就活中の女子をナンパしたらまさかの処女!?初エッチ…

    ある冬に就職活動中の大学生に声をかけた。連絡先を手に入れた私は後日デートすることを約束した。彼女にまだSEXをしたことがないと告白され、私はこの子の処女喪失をAVデビューとして撮影することを決心した。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック