仕事でミスした処女が代償を身体で支払われされる・・・

kage

  • 私の初体験は悲惨でした。高卒で就職してまもなしの頃です。
    まだ高校生気分が抜けず気が緩んでいて、ちょっとした事から大きなミスとなり、会社に大損害を
    与えてしまいました。
    それが支社長にまでバレてしまって、私の直属の上司と共に大叱責を受けて私は3ヶ月、上司は6ヶ月
    の減俸処分が下りました。
    その事があった直後の社員旅行で私は、その代償を身体で求められて許してしまいました・・・。
    上司は46歳の妻子持ちで私と同じぐらいの年頃の娘さんが二人います。

    最初は胸を触るだけと言ってたのですが、胸を触られている内に手がアソコに伸びて来て、抵抗したけど逃げられなくて裸にされました。
    上司がブリーフを脱いで男性器を初めて見た時は、こんなのが入るなんて思えなくて怖くて震えてました。

    「痛い!!痛い!!ヤメテ下さい!!」と泣きながら叫びましたが、「やっぱり処女か」「痛くても我慢するんだ。そうしないと女になれないぞ。」と言って入れてきました。
    痛くて痛くて気絶しそうな私に対して、わざと腰を大きく動かして入れたり出したりして痛がっているのを楽しむかのようでした。私は目を閉じて痛いのを我慢しました。
    「ううっー!!」と言う上司の声と同時に何か熱いものを中で感じると上司の動きが止まりました。
    その時、処女だった私には訳が分かりませんでした。

    でも、「こんなおじさんに処女を奪われて。俺は忘れられない初めての男になったな」と上司の言葉を聞いたとたん、すごい後悔と罪悪感を感じました。
    その後も上司とは20回位はセックスしました。
    忘れたい出来事ですが、今では上司を恨んではいません。
    女の悦びを教えてくれたからです。
    何度目かのセックスからは、痛みも少なくなって思わず声が出るほどに感じさせられて逝かされました。
    嫌悪感と罪悪感しかない上司とのセックスで、何か変な気分ですが感情とセックスの快感は別物だと知って、誰ともセックスをする社内でも有名なサセ子になってしまいました。


  • 業界史上最小! ミクロ過ぎロ○少女と 巨根オヤジの必死すぎる中出しSEX!!

    業界史上最小! ミクロ過ぎロ○少女と 巨根オヤジの必死すぎる中出しSEX!!

    ともかく激ヤバなほど小さすぎるミクロ少女!!身長は135センチ、体重は33kg!おそらく業界史上最小!!小○四年生の平均と変わりません。そんな少女を変態オヤジにあてがい、好き放題いたずらさせ、小さいお口にチ○ポをねじ込み、ごっくんさせ、キツキツのオマンコに巨根を挿入して、はげしくピストンしたり、たっぷり中出しするなど女の喜びを教えながら開発してみました!



関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック