処女がついた嘘

kage

  • 私の初体験は20歳の夏。周りの友達はみんな経験済みで1人焦っていました。
    と、言うのも大学の友達には経験した事あると嘘をついていて、高校時代からの彼氏と付き合っている事になっていたんです。

    高校時代の彼氏と付き合っていたのは本当なのですが、彼とはHの関係まで発展せずに大学に入ってしばらくした頃に浮気されて、しかも二股掛けられていたのが分かって別れました。
    その時に正直に話しておけば良かったのですが、周りの友達は彼氏と幸せそうで私が二股掛けられて別れたのを知らずに彼氏の事を聞かれたので、つい嘘をついてしまいズルズルと嘘に嘘を重ねる結果になってしまって、それが1年以上も続くとさすがに自分でも惨めになっていました。

    ちょうどそんな時にバイトで知り合った友達としました。
    バイト仲間同士での飲み会があって、その後一人の彼が私のアパートまで送ってくれたのですが、「喉か沸いたから水飲ませて」と言うので家へ上がってもらいました。
    飲み物を出してあげて二人で少し話していたら良いムードになって、私は内心「処女捨てれるかも?」って期待して彼氏でもない彼に体を委ねました。

    話が盛り上がり、私が彼のほうを向いた瞬間いきなりキスしてきました。
    そのうち舌も入ってきて、キスしてる最中に彼は私のブラのホックに手を伸ばして外しました。
    下の方に手が伸びてってスカートも下ろされると、私は怖くなって「ごめん、Hするの2年振りだから優しくして」って言いました。
    本当は初めてなのに、経験済と嘘をついてもいない彼にまで嘘をついた見栄っ張りな私です…。

    そして彼のモノが挿入されると、正直痛かったです。
    でも、優しくしてくれた事もあるし、周りの友達に追いつけて嘘をつかなくて済んだので後悔はないです。
    その人それっきりで連絡もとっていないですが、今、私には正真正銘の彼氏がいて幸せに過ごしています。


  • 医療用ゴム手袋に異常な興奮を示す変態幼●体型娘 AVデビュー 森山茜

    医療用ゴム手袋に異常な興奮を示す変態幼●体型娘 AVデビュー 森山茜

    医療用のゴム手袋を見ながら濡れまくる変態娘がAVデビュー!コンドームを連想して、たまらなく興奮するという彼女の満足いくような濃厚セックスをお届け!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック