「あっ!!」っと思ったら入ってきた

kage

  • 今付き合っている人が初めてできた彼氏です。初体験しました。

    いつも家で遊んでるんですけど、お母さんがいるから今までHできなかったんです。
    でも、二人っきりだとイイ雰囲気になって、胸触られたり舐められたりはしてました。

    そんなある日、お母さんが同窓会で夜まで帰って来ない願ってもないチャンス日到来です。

    前の晩からソワソワして眠れなくて、当日も前の晩にお風呂入ったのに朝からもう一度シャワー浴びて、念入りに体のお手入れ。
    アソコも手鏡見ながら洗って彼氏を待ちました。

    しかし、そこまでして待ち焦がれたのに、いざって段階で私ビビッて腰引けて逃げちゃうから入らなくて・・・。
    彼氏の事大好きだから、彼氏とHしたいと思ってたのに怖くて・・・。

    それで彼氏に迷惑かけてると思うと涙出てきて・・・。
    でも、彼氏がとっても優しくて「痛い?」「怖い?」「大丈夫?」って声掛けてくれた。

    今度はそれが嬉しくて涙が・・・。

    そして、「私って面倒くさい女だぁ」と思ったら、もっともっと涙出て止まらなくなって泣いちゃた私・・・。
    彼氏にメチャ迷惑かけて心配させました。

    「このままじゃHできない!」って思ってたら、突然、彼氏が私の脇腹をこしょばらして笑わしてきました。
    「やめて~」っていくら言っても止めてくれなくて、引きつけ起こすぐらいこしょこしょばらされた。

    やっと止まった。
    っと思った瞬間、「あっ!!」っと思ったら入ってきて、入りました・・・。

    「まだ怖い?」と聞いてきたけど、「ううん」って答えて、また泣いた。
    やっぱり、私は面倒くさい女だぁ・・・。

    彼氏が大好き。
    だから、もっともっとHしたい。
    彼氏を気持ちよくさせてあげたいです。

    でも、お母さんが家に居るから、あれからHできてないです・・・。


  • 個人撮影 帰国子女 理香ちゃんとのハメ撮りを隠撮!

    個人撮影 帰国子女 理香ちゃんとのハメ撮りを隠撮!


  • 破瓜の連鎖に捕らわれた処女

    破瓜の連鎖に捕らわれた処女

    通勤途中の電車。隣りに乗ってきたヒロインの絵莉夏に対し、つい魔が差してしてしまった初めてのチカ○。 抵抗しない絵莉夏に、気を良くした主人公の辰彦は、自分のテクニックはすごいのだと勘違いして、さらにチカ○を続けようとするが――「この人、チカ○です!」 思わぬ反撃にあい、捕まってしまった辰彦は、先の無い人生に絶望して、電車に飛び込み、意識を失う。
    しかし――次に目覚めたとき、そこにあったのは昨日と同じ朝だった。 不思議に思いながらも、昨日と同じように隣に乗ってきた絵莉夏。この先のことを知っている辰彦は、このチャンスを生かし、捕まるギリギリまでチカ○を楽しむことにする。そして翌日。目覚めた朝は、昨日と同じ物だった。 「同じ一日が繰り返されている?」今日がリセットされるのならば、何をしても問題ない――それなら。 「あの女に復讐してやる……」



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック