28歳元ソープ嬢。ソープで処女捨てました。

kage

  • 私は元ソープ嬢です。
    ソープで働くために28才で処女を捨てました。
    ハタチぐらいの頃から地元にある小さなお弁当工場でずっと働いていて家庭の事情で急に大金が必要になりましたが、私には到底無理な額で悩んでいて、職場に私の事をお姉さんのように慕ってくれる5つ年下の同僚の子がおり悩みを打ち明かした所、秘密を条件にその子が私に秘密を打ち明かして相談に乗ってくれて、それがソープでした。
    その子は週末や弁当工場の仕事が終わってからソープで働いて、本当に困ってどうしようもなければソープと言う手があるよと教えられました。
    高校を出てから働いた職場はどこもおじさんおばさんばかりで友達も少なくて出会いもなかったので恋愛経験すらなかったですがソープの意味は分かります。
    とても悩みましたが私にできる事はそれしかなくて、その同僚の子にお願いして働いているお店へ面接に行く事にしました。

    面接当日は同僚の子も同席してくれて、すんなり採用となり一通りの説明を聞いた後、手術痕やリスカ等がないかボディチェックとなりましたが、既に決心していても実際に人前で裸になるにはとても勇気がいります。
    ついたてがあるとは言え、すぐ隣にはボーイさん等がおり、なかなか脱げずにいると店長から「そんなんじゃ仕事できないよ」と急かされ、なんとか下着姿になりましたが緊張して汗が止まらず震えがとまりませんでした。
    無事にボディチェックも終え服を着てほっとしたのもつかの間に、すぐさま「この後、時間があるなら講習しておこうか」と言われ、さらに震えが止まらなくなってしまいました。

    さすがに処女だと伝えなければと思い震えながらも勇気を振り絞り言ったのですが、店長も同僚の子も驚いて何度も確認するように聞き返され、最後は店長もあきれていて同僚の子も止めておいた方がいいよと諭されました。
    同僚の子は既に乗り気でなくなっていて考え直した方が良いよと言われましたが、このまま仕事がダメになると後がない私は諦めきれず働かせてもらえるようにお願いした結果、とりあえず講習だけ受けて出来るかどうか決めたらいいと言われ講習を受ける事にはなり、同僚の子には反対されましたが最後は折れて私の講習に講師役で付き合ってくれました。

    部屋に入ると先ほどは下着姿で済みましたが今度はもちろん全裸です。
    先ほどのいきさつがあったせいで決意がより固まっていたのか緊張はしてても比較的すんなり全裸になれ素肌をさわられても平気でしたが、その後はつらい体験でした。

    その店の講習はいわゆる「趣味講習」と呼ばれるもので教えると言うよりも店長自身が気持ちよくなる為に好きな事をします。
    店長の前に跪くと同僚の子がフェラチオの仕方を説明しようとしても無視です。
    即フェラで咥えさせられてもフェラチオをした事もないですから何も出来ず口を開けたままでいると、頭を押さえて喉の奥までガンガンとイラマチオされて、口内で発射するとごっくんさせられました。
    咽び涙も出てヨダレも垂れ流しで上手く息が出来ず苦しかったので、初めてみた性器や初めてフェラチオしたとか、そんな事何も考えられませんでした。
    ごっくんし終わると、同僚の子が洗体や湯船での潜望鏡にマットプレイと一通りの流れを店長と実際にやって説明してくれました。
    講師役の人は説明するだけで実際にしなくてもいいようなのですが同僚の子は私を気遣ってくれたようです、
    同僚の子が実際に自分でして「大丈夫だよ。こうしてみて」と笑顔で笑いながら進めて私がマネする感じだったので不安や恐怖心も薄らいで本当に感謝しました。

    マットプレイが終わると本番です。
    マットに寝かされると片足を持ち上げ腰を掴まれて一気に入れられました。
    心の準備する時間も身構える時間もなく、あっという間に入れられたので恐怖心すら抱く間もなくて良かったのですが、本来なら入りづらかっただろうはずの所を一気に入れられたので痛みは激しかったです。
    出血もかなりありました。
    普通なら処女だとゆっくり優しく余韻に浸りながら処女膜を破られるのでしょうが、私の場合は正反対です。
    私の気持ち良さなど関係なしに男の人が気持ちよくなるのが目的ですから、私が処女なんて事はおかまいなしに動かれ、仕方ない事ですが痛みもさる事ながら正直辛いものでした。

    幾度か体位を変えつつ終えるとお清めフェラして、ベットに移り今度は私が上になり動く事になったのですが入れるだけでも痛いので動けるはずもなく、同僚の子にサポートしてもらいましたがやはり無理で、下から突き上げられ腰を落とす度に体重がかかる分、余計痛みが激しかったです。
    途中で余りに痛がる私に同僚の子がウエトラを入れてくれたのですが、同性の子に指を入れられるのは恥ずかしかったです。
    それでもなんとか計3発抜いて講習が終わりました。

    講習を終えた部屋で同僚の子に抱き寄せられ慰めてもらいながら、しばらくの間泣いてしまい涙が止まらなかったです。
    さすがに家に帰ってからもソープで働くのは止めようかと思いましたが、もし止めたら講習で処女を捨てただけで何も現状が変わないのが悔しくて、虚しいだけなので、なんとか踏ん張って働きました。
    幸い初日についてくれた常連のお客さんは店長とは違い優しい人ばかりで、優しくゆっくりと教わりながらしてもらえたので講習のような激しい痛みもなく、意外と出来て色々教わる事もできました。
    ただし、入店初日と言うことでフリーを5人つけてもらえたのは嬉しかったですが、慣れてない上に5人もするとスキンずれで局部も赤く腫れて乳首も痛くて、2週間ほどの間は歩くだけでも下着が擦れシャワー浴びるのも痛くて大変な思いをしました。

    そんな何も知らない処女のままソープデビューして半年ぐらいで目標としていた金額を貯められ9ヶ月ほど働いてからソープから上がりました。
    同僚の子はまだソープで働いていますが、今も一緒にお弁当工場で働いています。
    普通の人が経験する一生分のsexを経験して男の人を満足させるテクニックだけは身につきましたが、ソープで働いていた後ろめたさもあって、いまだ恋愛経験ゼロで、もし良い人が現れてもsexになるとソープみたいなプレイをする訳にはいかないと思うので、どんなsexをしたらいいかわからず、素人処女と言うか恋愛に関しては処女のままです。

  • 中出しされたソープ娘 篠宮ゆり

    中出しされたソープ娘 篠宮ゆり

    あどけなさの残るゆりは母親に売られ裏の世界のソープ店で働くことに。上玉のゆりを店の看板娘にすべくお店側はゆりに肉棒をハメて中出し開発。汚れきった大人の臭いザーメンを膣奥深くに流し込まれた美少女の狭小マンコは必死に膣外に排出しようとしてドロドロと溢れ出る…。恐怖と快感の狭間で汚欲にまみれたザーメンを膣内注入され続けたゆりは、やがて自ら中出しを懇願する変態ソープ嬢へと堕ちていく…。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック