用意周到に準備した初体験でまさかの展開

kage
  • わたしは山羊座のA型です。石橋を何回も叩いてから渡ると言うほど慎重な性格なので、初体験も用意周到に準備して大学2年生だった19歳の時に迎えました。 相手は大学の同級生で、わたしにとっては初彼です。

    付き合いだして5か月ぐらい経った頃に1泊二日のお泊り旅行へ行く事となり初体験をする約束をしました。 わたしは旅行準備の段階から色々な想像を膨らませながら新しい服も買って下着も今まで付けた事のないレースの下着で揃えて、髪型も初めてパーマを掛けて大人ぽい雰囲気にしました。 体系も少し太り気味だったのでダイエットもして、いつもは簡単な剃毛にしてた脇も綺麗に除毛をしてアンダーヘアも毛深いので綺麗に刈り揃えて万全の態勢で、お泊り旅行へ備えました。 日中の観光も楽しく夕食もとても美味しかったですが、この後の事が頭から離れず朝からずっと緊張しっぱなしでした。

    夜になり、その時を迎えます。 わたしの中では一緒にお風呂に入って・・・と想像していましたが、安いホテルだったので部屋のバスルームは狭くて別々に入ることにして、わたしが彼の後に入りました。 身体の隅々まで念入りに洗い、この日の為に買った新しいレースの下着を付けて鏡の前で何度も確認をしてから部屋に戻ると、彼はベットで寝っころがって待っていて、わたしがベットに腰かけた瞬間に抱き着いてベットへ押し倒され熱いキスをされます。

    それからはあっという間でした。 彼に見せる為に買ったレースの下着は見せる暇もなく脱がされてしまい、二人ともあっという間に裸です。 絶え間なく続く熱いキスをしながら、彼はわたしの体をまさぐって大事な所まで手が伸びました。 初めて大事な所を触られた、あの時のあの感覚は今でも忘れられません。

    わたしがお風呂に入っている間に枕の横にはコンドームが用意されていて、彼に頼まれて付けてあげると、わたしは横たわり足を開いて膝を立てて目を瞑り、彼に挿入されるのを待ちました。 心臓の音が聞こえるぐらいの緊張感です。

    挿入される時に痛みよりも恐怖心から上へ逃げようとしたのですが、彼に抱かれ押されこまれてしまい逃げられず挿入されて心の中では「待って」と言いたかったですが、その間もないほどの素早い挿入です。 痛みはありましたが挿入されてしまえば恐怖心は薄やぎました。

    挿入されてからは体位を変えながら激しく動き続けてて、わたしは途中で一度休憩して感激に浸りたかったですが、そんな時間すらなかったです。 肩で息切らしながら終えて、わたしに覆いかぶさる彼を抱きしめた時に初めて処女を喪失したと実感がわきました。  その後も激しく何度も何度も繰り返して用意されたコンドームを使い切るまで続けて、最後は二人ともぐったりと疲れてしまい会話を交わすこともなく睡魔で意識が薄れたまま朝まで眠りました。

    翌朝起きた時は一瞬昨夜の事が夢ではないかとも思いましたが、昨夜は夢中で気づかなかったですが歩くだけでも大事な所に痛みがあって現実だと気づかされました。 翌日は帰るだけでしたが家へ辿り着くまで大変な思いをして、帰宅後に大事な所をみると少し赤く腫れている感じで、しばらくの間辛かったです。

    わたしの想像していた初体験はもっとゆったりとした時間だと思っていましたが、実際はとても激しくて想像とはまったく正反対でした。 あんなに色々な事を想像をして準備万端で迎えたのに何も役に立たず全然違ってショックな想いもありますが、わたしの陳腐な想像を超える出来事を経験できた喜ぶの方が大きくて良かったと思っています。  彼とは今も交際を続けていますが、しかし、あの日着けていたレースの下着を次の時に見せたら彼が覚えていなかった事は今でも悲しいです。

  • 愚連隊OB関係者からの投稿 デカチン18cm暴走族総長に処女を捧げたヤンキー少女たち 「総長にバージンを捧げられて最高ッス!」「うぅぅぅ痛い…」
    愚連隊OB関係者からの投稿 デカチン18cm暴走族総長に処女を捧げたヤンキー少女たち 「総長にバージンを捧げられて最高ッス!」「うぅぅぅ痛い…」

    「ウッス!先輩は絶対ッス!」厳しい上下関係の不良グループでヤンキー少女にとって総長は憧れの存在である!そして処女喪失の相手は総長がするのが伝統の中で総長のデカチンを挿入され苦悶の表情で喪失する全容映像!

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック