アラサー女が処女だった場合

kage
  • アラサー女ですが一昨年、処女であるということを隠して彼氏とロストバージンしました。

    彼氏と付き合い出した時は、まだ29歳でしたがロストバージンを迎えた時には既に30歳を越えていたので、今さらカマトトぶる年齢でもなく年下の彼氏だったので余計にプライドも働いて処女だと言う事を隠しました。

    男性経験は一度もなかったですが、通販で買ったバイブで挿入経験はあって、その時には出血もしていたので既に処女膜は失っていた思うので肉体的には処女ではなく男性経験だけが無い処女です。

    彼氏と入ったホテルでは、異性の裸を見るのも見られるのも初めてでしたが何事もないかのように装い努めました。 「フェラして」というリクエストにも経験がなくともアダルトな動画などで知識だけはあったので求めに応じてフェラも頑張って、挿入はバイブで経験はあっても本物は違い膣の感触や生温かさ、それに激しい出し入れと体位に困惑も覚えましたが、なんとか気づかれずにやりとげました。

    しかし、最後の最後で彼氏にバレてしまいました。

    妊娠が怖くて産婦人科でピルを処方して貰い彼氏に伝えたら生でする事になり、彼氏から逝く時に「口に出したい」と言われたので応じたのですが、膣から抜いて口元に持ってきたものの少し早かったようで逝けずにいて、「シゴいて」とリクエストされました。

    私は「シゴく」と言う言葉の意味も、具体的にどうする行為かも知りませんでした。 フェラの時は見様見真似で口で咥えて舐めたり手で擦ったりしていましたが、手で絞り出す行為が「シゴく」意味とは思ってもみなくて、どうしたらいいか分からずにいると彼氏から不審に思われ問いつめられた結果、処女だと白状しました。

    彼氏は「処女だと言ってくれてたらフェラや口内発射を求めなかった」と言ってくれて、私が処女である事にも喜んではくれました。 しかし、年下の彼氏に対して姉さん肌的な恋愛関係だった私にとって、処女がバレた事は負い目でプライドが傷つきました。 それからの彼氏は性行為だけでなく交際全般に対して、「知らないと思うけどセックスや恋人とはこういうものだ」みたいな言われ方をするようになり、その度に私は傷ついて劣等感からコンプレックスになってしまいました。

    彼氏と別れて新しい彼氏を見つけようとも思いましたが、この年で見つける自信もなく結婚願望も強いので踏み切れず、そもそもアラサーになって初めて男性経験するような私にそんな新しい彼氏が現れるとも思えずズルズル付き合い続けて、つい最近婚約を申し込まれて了承しました。 おそらくこのまま結婚すると思いますが、彼氏しか男性を知らぬままで良いのかと不安になります。 かと言って浮気や不倫をする勇気もなく、この先彼氏だけの所有物みたいにされそうで嫌です。

  • 処女解禁 しかもパイ毛&ワキ毛 毛利ちはる/22歳
    処女解禁 しかもパイ毛&ワキ毛 毛利ちはる/22歳

    22年間男性と出会いがなく、処女を卒業したいと自らAV出演を志願した「ちはる」。男性とキスはおろか手も握った事もなくやること全てがまさしく初体験。そして恥じらいながら脱いだ裸体は見事なボディーライン。しかし、衝撃事実が発覚!無造作に生えっ放しの「ワキ毛」・「パイ毛」・「剛毛マン毛」の最強コンボ。男を知らない純粋無垢な女の結末は…。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック