男の部屋に行ったら・・・なんて事になった処女

kage

  • 私の彼は当時25歳だったんですが童貞でした。
    バイト先で出会った時から、なんだかおとなしくてゲームと甘いものが好きな仕事一筋男って感じでしたから別に驚かなかったんですけど。
    付き合ってからも彼はすごい純情と言うか淡白で、滅多に自分からキスもしてくれない人でした。
    実際「結婚するまでそういうことはしないほうが…」って言う今時化石みたいなタイプの人です。

    ところがある日、付き合い始めて5ヶ月目にチャンス(?)が訪れたのです。
    デート中に彼の車の中でいつものように私がリードして(私も当時処女でしたが…)イチャついていたら、思わず私の手が彼の股間に触れてしまったのです。
    すごく硬くなっててびっくりしました。
    エッチな気持ちと言うよりは好奇心でジーパンの上からそれを触ってると、彼が照れた表情で、「見たい?」って聞いてきたんです。
    いつもはすごく淡白な彼だったので、この問いにはびっくりしましたが、黙ってうなづくと、ベルトを外し、ジッパーを下げ、トランクスの前の隙間から大きくなって反り返ってるそれを出して見せてくれました。
    もちろん父のものを見たことはあっても、好きな人のを見るのは初めてだったから、それが出てきた瞬間すごく愛しく思えて、本能的にというか、そういう行為があるっていう事は知っていましたけど…フェラチオしたんです。
    彼は声は出さなかったけど、時々お腹の辺りがぴくぴく、って動くので感じているようでした。
    どういうふうにするのか知らなかったし、急にこんな事始めてしまって恥ずかしくなったから、口を離して彼に謝ると、彼は微笑んでキスしてくれました。

    そして「君のも触っていい?」って聞いてきたんです。
    「えっ…?」びっくりしてそれだけしか言えなかったのに、急にスカートの中に手を入れてきて、パンティの上から私の敏感なところに触ってきたのです。
    自分で触った事は何度もあったくせに、彼から触ってもらう方が何十倍も感じて、上着の下から手を入れてブラジャーを下ろして私の胸を揉んだり乳首を舐めたりされて、思わず足が広がってしまった隙にパンツを引き下ろされ、私の中に彼の指が侵入してきたのです。
    初めてのその感覚に、すごく悪い事をしている感じがしながらも、激しくキスしたり、熱く喘いだりしてしまいました。
    ところが、彼の行為はそこまで、急に止まってしまったのです。
    「今日はここまで。これ以上やったら本当にヤッちゃいそうだから…」
    「初めてはベッドの上でしようよ」
    そう言ってきた彼の耳元にすかさず私は「じゃあ今度ホテルに連れて行って。」って囁きました。

    結局その日はそれっきり何もなく、 初体験はその1週間後でした。
    下着に気を使い新しい彼好みなのを買いました。
    ベットの中の彼は、いつもの優しくて穏やかな彼とは違ってとても情熱的で、我を失って激しく愛撫してくれる彼に驚きながらもすごく感じてしまいました。
    クンニって言う行為があることを知らなくて、初めて彼の舌が私のあそこに触れた時、ちょっとショックでした。

    彼のがはじめて私の中に入った時、すごく痛かったので、何度も痛そうな顔をしたり、「痛いっ」って言ってしまったので、彼はとても気を使ってくれてゆっくり腰を動かしてくれました。
    痛いのは続きましたが、同時に今まで感じたことのないような体中が気持ちよくしびれる感覚があって、彼と見詰め合いながら少しずつ快感が上り詰めて行きました。
    でも最後まで私の痛みは引かなかったので、それを気にしてくれてた彼はきっとその時は不完全燃焼だったと思います。
    でもお互いイけなくてもとっても素敵なひとときで、彼の愛情をひしひしと感じた瞬間でした。

    今は週に1~2回セックスします。
    1年以上付き合った今でも、お互いに心も体もずっとラブラブです。


  • 未成年(四三五)無垢、喪失。 #51

    未成年(四三五)無垢、喪失。 #51

    「あなたの処女買います」ネット上の掲示板で取り交わされる売買契約。少女たちは金銭と引き換えに処女を失う。マニア垂涎裏流通映像買取り作品。短めの髪をピンで留めた透明感のある少女が、部屋に入るなり怯えながら抗議の声をあげる。説得され渋々了承するが、その後も終始嫌悪感を露にしながら行為に及ぶ。身体を弄られても無言だったが、男根を挿入しようとすると痛がり叫ぶ。足をばたつかせ抵抗するが処女膜を貫かれ、言葉にならない呻きをあげ続ける。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック