処女膜強靭症の新妻

kage
  • 27歳の時に五つ年上の方とお見合い結婚しますが、それまで恋愛に疎く肉体経験もありませんでした。 結婚初夜に初めて試みますが上手くいかず、その時は夫からも初めてだから仕方ないと理解してしてもらい、私も緊張していましたのでそういうものかと余り気にも止めずにいました。 しかし、その後何度試みても激しい痛みがあり、挿入を何度試みても出来ませんでした。

    そんな事が半年ほど続くとお互いに諦めだし、それでも年に数回ほどは試みますが失敗に終わりました。 長い恋愛経験の後に結婚した訳ではありませんから上手くいかないと結婚当初からのぎこちなさが次第に増し、1年後には他人同士の同居生活の様な感じになりました。 夫はたった一人の跡取り息子でしたから、子供を作るどころか性交が上手くいかない事に対してプレッシャーもあり余計焦りを感じました。 しかし、一度狂った歯車の修復は難しく、夫が露骨に風俗通いを始めても私に原因がありますから咎めれませんでした。

    そして、結婚5周年の少し前に離婚を切り出され、その時既に夫には再婚相手となる人もおり、私も分かってはいましたが反対することもなく離婚をし、結婚後に建てたマイホームから私が追い出される事となります。 結婚前は実家に住んでいましたが、田舎で世間体もあり居づらく、離れた馴染みのない街のワンルームマンションでひっそりと一人暮らしを始めました。

    それから2年が経ち、34歳の時に婦人病で産婦人科へ通院した時です。 診察の際に『処女膜強靭症』との指摘を初めて受けました。 私は人よりも処女膜がかなり分厚く、通常なら膜に数センチの穴が開いているものが1センチも開いてなかったそうです。 その為、性交が困難になり、処女膜除去手術を受ければ性交が可能になるとの話でした。

    今まで性交が出来なかった原因が判明して肩の荷が降りた安堵感を感じましたが、同時に今更感も強く感じました。 しかし、離婚する前にもっと早く積極的に原因を探れば違った結果になったかと思うと後悔の念が消えず、せめてものの慰めに手術を受けることにしました。 手術はとても簡単なもので手術台に横たわり1時間も経たずに終わり、あまりのあっけなさに本当に性交が可能になったのかと不安になりました。

    34歳まで恋愛経験もなく結婚、性交できず離婚したバツ1女ですから、手術後も試す相手など居るはずもないのですが、試さないと気が済まなくなり出会い系で知り合った男性と一度きりの肉体関係を持つことにしました。 相手の男性には手術の事も私の事については何も話していません。 私も相手の人については見た目40歳前後の男性としか知らず本名も既婚者なのかも知りませんが、私と何の接点もない人で感情移入する事もないので良かったかもしれません。

    当日は緊張こそしましたが、裸体を晒し身体を重ね合わせても知らない人なので特に何も感じず、私にとって2人目の人と肉体関係を持ちました。 挿入される時には本当に出来るのか不安にはなりましたが、驚くほど簡単に挿入され性交が出来て、今までこれほど簡単な事で長年悩んでいたかと思うと悲しくもあり、何よりもっと早く病気に気づいていれば今頃子供も居て元夫と違った未来があったかと思うと悔しくて堪らなかったです。 しかし、性交が出来た事で肩の荷が下り終わったかと思うと嬉しくもありました。

    その後、一度きりの性交を交わしただけで、もう誰とも恋愛も肉体関係を持つ事もないと私自身信じていましたが、不思議な事に職場で知り合った男性と少し話すようになると、親密になり交際する事になりました。 彼と知り合ってからは性交と同じく恋愛も本来はとても簡単な事だと知り、これまで出来なかった原因はやはり私自身に問題があったと再認識もさせられましたが、今までのように後悔の念を抱く事はなく、『案ずるより生むが易し』とはよく言ったものだとつくづく痛感しつつも、今では幸せに笑って過ごせています。

  • 貧乳の地味子に中出し 4 成宮るり
    貧乳の地味子に中出し 4 成宮るり

    何処に居ても冴えない女の子、地味子のるりが出演。「私、人より胸が貧しいんです…、こんな私だけど好きになってくれますか?」と、俯きか細い声で告白する。初めて出来た彼氏の部屋に上がり、緊張を隠せない様子のるり。童貞と処女の二人はベッドの上で初々しいキスし、慎重に童貞彼氏の敏感なチンポを優しくフェラをする。あまりの快感に口内射精をする彼の精子を優しく口の中で受け止め笑顔になるるり。互いに緊張もほぐれ次第に大胆になっていく二人をお見逃し無く!

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック