チカ○から助けてくれたA君。お礼に処女をあげる。

kage
  • 大学一年の秋。友達のA君と。 地方出身で友達がいない私と、取ってる講義がほとんど同じだったA君とは、自然と隣の席に座る事が増えて仲良くなりました。

    あの日も隣に座った途端に肩を寄せてきたり、腰のところをくすぐったりのイタズラをされてた。 A君とは出逢った最初から、いつもこんな感じ。 私もそれが嫌いではなく嬉しかったから、やり返したりして遊んでると、すると彼は「あの約束覚えてる? 今日しようか?」と耳打ちしてきました。

    あの約束とは、私が上京して間もなくの頃に通学途中の電車でチカ○に付きまとわれ困って、知り合ったばかりのA君に相談したら私の通学に付き添いチカ○を撃退してくれてたから、お礼で飲みに行ったら、酔った勢いで「今度、私の処女あげる」って言ってしまった事です。 お酒を飲み慣れていなくて酔って饒舌になり、助けてくれて嬉しかったのもあって、「チカ○に触られるぐらいならA君にさわって欲しい」などとA君を称賛する様な事ばかり話してる内に、最後はそう言う事まで約束してしまいました。

    A君の事は嫌いではなく寧ろ好きな方、でも彼氏でもない。 しかし、約束を守るのも破るにも躊躇します。 まして私は処女、A君に処女を捧げるべきか悩み、悩んでいる間にも時間が過ぎ、帰宅する時間になっても結論を出せずにいたけど、帰りの電車の隣の席にはA君がいた・・・。

    A君を部屋へ招き入れると、小さな一人用のテーブルに肩を寄せ合い隣同士に座りました。 その段階になっても約束を守るか破るか答えを出せずにいた私です。

    A君は私の肩に手を回し抱き寄せたら、「お前の裸を見たい!!」と言ってきたからビックリ!? ドラマだとキスシーンになるはずの場面でキスを予感して身構えてたら、まさかの「裸を見たい」発言に驚き、エッチではなく裸を見られるだけならと考え咄嗟に「いいよ」と言っちゃいました。 冷静になって考えれば、そういう言葉の意味ではないとすぐ分かるけど、冷静じゃなかった私は言ってしまったのです。

    自分で脱ぐのか、それとも脱がせてくれるのか考えてたら、何故かA君が「俺が先に脱ぐ!!」と先に服を脱ぎ始め、一人で脱ぐより恥ずかしくなくて良いかと呑気に考えて服を脱いで裸になったら、その後は当然ながら身体を密着させる展開に・・・。 やっぱり約束を守らないといけないと気づき、やっと約束を守る事に決めましたが、遅過ぎですね・・・。

    そして、「思ってたより胸大きい♪」「アソコ見たい!!」「ピンク色で綺麗♪」「一人でオナニーしてるの?」「入れるよ?入った!!55%」「痛い?じゃ(足の裏)くすぐってやる」などと、話好きでイタズラ好きな、いつものA君ワールドで進み、処女を捧げました。血は出なかったです。

    あの約束から2年が経ち、今もA君とは時々エッチしてます。 A君曰く、一度だけとは聞いてないとの事・・・。 しかし、彼氏ではなく友達のままです。

    交際申し込まれた事もなければ、私から申し込んだ事もないです。 周りからは恋人同士の様に見られてるけど、A君とは友達の関係。 A君も私も、ずっと恋人いないです。

    冷静になって客観的に考えれば、A君とはもう○○の関係なんだろうけど、今の関係は凄く幸せだから今が良ければ良いかなと思ってます。

  • 【素人♥完全オリジナル個人撮影】あまちゃん似 超敏感 従順Mっ娘 潮吹き体質 のんちゃん Vol.2
    【素人♥完全オリジナル個人撮影】あまちゃん似 超敏感 従順Mっ娘 潮吹き体質 のんちゃん Vol.2

  • ウブなのにパイパンでスパンキング好き AV女優になりたくて神戸から応募してきたタメ語のお嬢様が処女喪失デビュー 舞園かりん
    ウブなのにパイパンでスパンキング好き AV女優になりたくて神戸から応募してきたタメ語のお嬢様が処女喪失デビュー 舞園かりん

    どう見ても19歳には見えないオボコすぎる処女っ娘が喪失&AVデビュー!神戸からAV女優になりたくて応募してきたお嬢様は敬語が苦手でタメ語でしかしゃべれない不思議ちゃん!19年間極細タンポンしか入れたことがない未使用マンコにはたして男優さんの極太ペニスが入ったらどうなっちゃうんですか!しかも、かなりの桃尻をもつかりんちゃんはスパンキングが大好きなのです。はやくデビューしてファンになってくれた皆にスパンキングしたいと無邪気な笑顔で答える歪んだ性癖も持っているのです!

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック