【処女喪失】酔って眠ってる間に先輩とエッチ。

kage
  • 19の時、サークルの飲み会で酔い潰れて気付いたら先輩とエッチしてた。どう帰ったのかよく覚えてないけど夢見ながら私の部屋で眠ってた。飲み会の事はボンヤりとだけ覚えてる。その日の飲み会であった現実の出来事に昔の友人が出てきたり現実と妄想が錯綜してる夢。

    酔って顔が熱くボーと眠ってたら下半身に火がついたような熱さを感じた。揺さ振られだしたから我慢出来なくなって目を開けたらサークルの先輩の驚いた顔が飛び込んだ。一瞬、揺さ振られるのが止まり「○○先輩…?」って言いかけたら、「おはよう♪」と言われて再び揺さ振られた。更に激しく揺さ振られたら下半身にズキンズキンとした鋭い痛みを感じて「痛い!痛い!」と叫んだら、私の口を○○先輩がキスで塞いだ。

    起きた時は私の身に何が起こっているのか理解不能だったけど、下半身の痛みでぼやけてた頭がクリアになったら夢じゃなく本当に○○先輩とセックスしてるのを理解した。○○先輩は止まらなくて、ひたすらシーツを掴んで激しい痛みに耐えながら終わるのを待った。まだ?まだ続くの?って思いながら物凄く長い時間に感じられて、長すぎてまた睡魔が襲われ激しく揺さ振られる中、眠りについて次に目覚めた時は○○先輩が私の横で寝ながら話しかけられてた。

    飲み会の途中から○○先輩とエッチしてる間までの記憶と時間が私の中から抜け落ちて喪失してる。たしか、飲み会で私が酔って「○○先輩が好きなタイプ」と頬にキスした記憶と感触はある。おそらく現実。次にハッキリとした記憶と感触があるのは、○○先輩が横で寝ている事と、掛ふとんを捲って見たシーツに残ってる血の跡、そして下半身まで裸の私の身体だけ。

    ○○先輩とはその後は何も無かったように接して結局一度限りの関係で終わった。たぶん、私が酔って誘惑したのが原因なんだろうけど…。○○先輩の事が好きなタイプだったのはホント。あんな事がなければ付き合っていたかもしれないけど、あんな事があった人とは付き合えなかった。しばらくしてから私にも彼氏が出来て、ちゃんとしたエッチを経験した。でも、経験済みだけど処女みたいなものだから、彼氏には経験あるとは言ったけど見栄張って嘘ついてると言われる始末。この時、痛みも出血も無く好きな彼氏とのエッチに集中できたのは良かったけど○○先輩との事は何だったのだろうと今でも悩む。

  • HKT-沖J※制服ハメ撮り
    HKT-沖J※制服ハメ撮り

    「トイレ、オナニー・バック・騎乗位・フェラ、69ノパターン有り、 色白で黒髪ショートカットですごく可愛い子です。」

  • キスも知らない本物処女。 みこと149cm
    キスも知らない本物処女。 みこと149cm

    小さい頃に男子に触れられた事はあります…キスも知らない本物の処女が処女膜突破を承諾。何も知らない状態からのペニス舐め。そして生まれて初めての挿入…口の動かし方からリアルに喘ぐガチの表情まで。すべてが本物の処女VTR。生涯2回目のセックスでは糸を引いてビラビラまで濡れていました。彼女のアソコは何かを感じているようでした。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック