結婚初夜に処女を失くした、純愛小説を愛読する処女。

kage
  • 今の若い人には想像もできないでしょうが、30年近く前は婚前交渉などハシタないと考えられる風潮でした。私も当時は結婚するまで性体験が無く結婚初夜に処女を失くしましたが、初夜の事は今も鮮明によく覚えています。

    商業科の高校を卒業し、地元の不動産関係の会社に就職して3年間働いた後に主人とお見合い結婚します。当時の私は純愛小説を愛読し異性との出会いに憧れる乙女でしたが男性と話すのが苦手でお付き合いした人はおりませんでした。

    丁度そんな折、叔母から縁談を持ちかけられ、これも人生経験と説得されてお見合いをしたら主人からの猛アタックに遭い結婚となりました。叔母の顔を立てる為にお見合いだけをしたつもりが、主人からプロポーズされ、前年に姉が結婚をし妊娠した事もあって家族からも強く迫られての結婚でしたから最初の頃は主人に対してそれほどの愛情を懐けていなかったです。しかし、当時は結婚した以上は離婚など以ての外、離婚したら親からも勘当され実家にも戻れない風潮でもありましたから、私も結婚した以上は主人に尽くし支えようとは思っていました。

    新婚旅行は当初、海外旅行を予定しましたが結婚した年に日航機墜落事故があり周りから危険だからと反対され、飛行機に乗らずに行ける伊豆へ行きました。現地に着き軽く観光をした後、旅館へ戻り夕食を食べ、それぞれで温泉に入り部屋に戻ると寝室にはお布団が敷かれており、気持ちが落ち着かないままお茶を飲んでいた処、主人に寝室へ誘われます。私自身、初夜にはやはり不安があり事前に姉に相談したりもしますが払拭までとはいかず迎えた初夜でした。

    主人には未経験である事は伝えておきましたので、一歩ずつゆっくり進めていこうと言われたのですが、主人は何を思ったのか私に性教育のような事を始めました。主人がお布団の上で浴衣を脱ぎ裸になって寝転がると、それは私の目の前で丸出しになり、黒い毛が周りを覆い茂りだらんと垂れていました。じっくりと観察させてあげるから、もっとこっちに来て座って見なさいと手繰り寄せ、説明しながら観察させたのです。私はこのような形で男性器を見るのも初めてで驚きましたが言われる通りお布団の横に正座して座り説明を聞きました。

    これが陰茎で、これ陰嚢・・などと学校の生物か保健の授業のような説明を長々とし、私も頷き返事をしていると今度は実際に触ってみるように言われ、恐る恐る触ると触っている内に先ほどよりも陰茎が大きく固く変化してくるのが分かり、陰嚢の皺が伸び、中の玉が蠢いているのも見え、限界まで固く大きくなったそれは血管まで透けていました。

    主人はどうだ固いだろうと私に問いかけ、もっと強く握って上下に動かすように指示され言われたとおりに動かしましたら、掌の中でピクピクと脈打ち動いていました。そのまま続けていたところ掌がぬるぬると滑り、もっと強く速く動かすように指示され続けていると突然、亀頭の先から精液がピュと噴き出し、私は何が起きたのか分からず本当に驚きましたが、驚いて主人の顔を見ると満足そうな笑顔で、これが射精だ、と笑いながら教えられました。

    勢いよく飛び出した精液の飛沫は私の浴衣やお布団にまで飛び、それを主人がティッシュで拭き取り終わると、今度は私の番だと言ってお布団に寝かされました。浴衣の紐を解かれ、ブラジャーを外され胸を曝け出し、私の腰を浮かせゆっくりとショーツを脱がされる時は恥ずかしさの余り眼を閉じましたが、さらに主人からは足を開いて局部を見せるように言いつけられました。私は局部まで曝け出すなど出来ずにいましたがゆっくり足を開かされてしまい、足の間に割って入られ顔を埋めて、先ほどと反対に今度は私の局部を指で触りながら一つずつ説明をし始められたら、主人からの問いかけに答えるのも頷く事さえ出来ないほどの恥ずかしさでした。

    一通りの説明を終え、そろそろ大人になるかと聞かれた私は主人に抱きつきこれ以上局部を見られないようにしました。そんな私に主人は接吻をし、胸に吸い付き愛撫を繰り返した後に、再び局部を手と固くなった主人の性器で弄りだしたのが感じられ、挿入の瞬間には接吻をしていましたが、私には接吻を続ける余裕など無く、声を出し呻いており、破目したと主人に聞かされても小さくハイと返事するのが精一杯でおりました。それほど時間を置かずに主人が射精をし終えると、予め汚れないように敷いて置いたタオルには主人の白濁した精液と私の血がピンク色に混ざり合い垂れていました。

    座り込み動けずいる間に主人が洗面所でタオルを洗い戻って来ると、私を寝かせ左足を肩に掛け局部を冷たく濡れたタオルで拭かれました。その冷たさに私が短く悲鳴をあげたのですが、おかげで少し落ち着きを取り戻してホッとし、主人から感想を聞かれて、しばしの談笑をしました。

    そして、左足を肩に掛けあげられたまま二回目をしたのですが、今度は眼を開け見ておくように言い付けられ、私の局部に主人のが挿入されるのを見ましたが、何か他人の出来事のように感じていました。痛みもまだありましたが、よく見ていると痛みのある動きと痛みの無い動きがあるのが分かり、主人に伝えた処、痛みのある動きは避けてくれましたから痛みはかなり軽減され私も落ち着きを戻しました。その最中に私は、姉に相談した時に出産は鼻からスイカを出す感じ、初体験は大根が入ると感じと聞かされた話を思い出し、一人思い出し笑いをして主人に笑われました。

    その後も主人は三回目をしようとしていましたが、私が初めてで疲れていたのでせずに終わり、代わりに手とお口でもう一度射精させることになりますが、初めてでお口でするのには抵抗がありましたので少し口につけただけで、ほとんど最初と同じように手で射精させて初夜は終えました。

    私は初夜を迎え終えるまで、私がこんなことをするとは夢にも思いませんでした。それまでは初めての経験と痛みへの恐怖に不安を覚えていましたが、実際に経験してみれば全く異なり痛みや恐怖心よりも恥ずかしさの方が大きかったです。後に妊娠し出産した時も人前でこんな事までしないといけないのかと言う程恥ずかしい思いも経験しましたから、女の人生は恥ずかしさとの戦いと、つくづく感じました。今の若い人は中高生の頃にあのような経験をするかと思うと、純愛小説を愛読し憧れていた当時の私には到底真似できそうになく尊敬してしまいますが、しかし、私の娘には安易に経験せず私と同じように初夜まで貞操を守って貰いたいと思います。

  • 【個人撮影】ほぼ処女?2年ぶり人生2回目のセックス【初撮り保障】
    >【個人撮影】ほぼ処女?2年ぶり人生2回目のセックス【初撮り保障】

    黒髪で色白の肌、華奢な身体の大○生です。終わる時間を気にしているようなので、理由を聞くと、この後、料理教室に行くそうです。独特の雰囲気があったので。軽いメンヘラかと思いきや、とても家庭的な女の子W即ハメ開始です。

  • 今日、処女を卒業します。
    今日、処女を卒業します。

    アダルトサイトS-Cuteに自ら応募してきた素人の女の子。彼女は処女でした。キスも知らない。男性のモノに触ったことなんてない。可憐で無垢な女の子が、緊張のなか快感を覚えていく。どこにでもいる女の子のリアル。大人しく純粋な女の子が‘初めて’を捧げる瞬間を全力で撮影してまいりました。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック