20歳直前の処女が出会い系で相手を物色

kage
  • 初体験はとある出会い系サイトで知り合った人です。20歳迎える直前になって、彼氏も居ず恋愛した事もないのが無性に寂しくて初めて出会い系利用してみました。すると、予想に反して色々な人から大量のメールが来てモテた事もなかった私は率直に嬉しかったから何人かの人へは丁寧に返信、その中から文面も丁寧で写真も送ってくれた特に感じが良く真面目そうな人と会う約束をしました。

    会う約束をした数日後には実際会ってデートしました。会ってみると写真と文面から想像していた通り、威張る事もなく物腰も柔らかい真面目な27歳の地方公務員の人。1時間位ドライブをして食事、カラオケをしてからバーで飲み、ホテルへ誘われました。

    その人には処女って事も処女捨てたい事やエッチするとか何も話していなかった。けど、家出る時にデートだから遅くなるだろうし、もしかしたらって想いがあって、親には友達の家に泊まると嘘言ってきたから断って帰る理由もなかった。

    お風呂は別々だったけど、「下着を脱がせるの好きだから着ておいて欲しい」と言われたので、下着も服も着てからベットルームへ戻りました。そして、その人に抱かれながら服と下着を脱がされると、抱かれても良いと思い付いてきたのに急に怖くなってた。でも、その人は完全に私とエッチする気でいるし、私もここまで来て引き下がれないから勇気を振り絞り頑張ったけど、先っちょが触れただけでも痛い気がして怖かったです。

    結局は最後までエッチはしたけれど私が痛がるのはゴムが擦れて痛いからだよって言われ、外に出す約束して生でやられました。出会い系で知り合った人で処女失くすのを知られるの恥ずかしいから、処女ですって告白できなくて、あまり経験が無いしあそこも狭いから痛いと嘘付いたので、痛い本当の理由を最後まで話せなかったです。

    一応エッチするかもと思っていたから、会う日は安全日と確認済みだったけど、その夜は生で3回やられました。その人は気持ち良いって喜んでいたけど、私は1回するごとに気持ちが落ち込んでいった。翌朝別れる時に「また会って下さい」と言われ、その後の日もメールが来たけど、私はもう会うつもりはなくて、その人とはそれっきりです。

  • 「胸のサイズをアップします」貧乳に悩む思春期の女の子を狙う ワレメ強▲開発エステ(全つるつるパイパン)
    「胸のサイズをアップします」貧乳に悩む思春期の女の子を狙う ワレメ強▲開発エステ(全つるつるパイパン)

    「胸が大きくなりたい」と小さい子たちがやって来ました。平らな胸をマッサージしながらワレメ付近を押していきます。反応が良い子はすぐに乳首責め。我慢をしている子はじっくり土手をコスります。大声を出す子や腰を浮かせて暴れる子など…抵抗していた子たちでしたが挿入してみると腰がピクピクと動くようになっていました。(明日も予約でいっぱいです)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック