なりゆきで処女喪失。

kage

  •  その日は、結構な人数で飲んでいて盛り上がってしまい、気がついた時には、もう終電ぎりぎり。
    一人の男の子が、「眠たいからホテル行って寝たい」と言い出したのがきっかけで、2人づつに別れてラブホに行きました。

     私が一緒だったのは、N君で、それまであまり話のしたことのない人でした。
    2人ともシャワーを浴びて、「寝よっか」と言ってベットに入りました。
    彼は初め、遠慮をして「俺、床で寝ようか?」といってくれたのですが、雨が降っていて、少し肌寒い日だったので、一緒にベットに入りました。
    今考えると私も少し何かを期待していたのかも知れません。

     いろいろ話してるうちに楽しい人だなと思いました。
    初めのうちはもうこのまま寝るのかなと思っていたのですが、彼が、手を握ってきました。
    「どうしたの?」と笑って聞くと、彼は何も言わず、肩の方に手を伸ばしてきました。
    私は少し寒いくらいだったのに、彼の体がとても熱くて、また「どうしたの?」と聞くと、「隣りに女の人がいるんだから当たり前だよ」と言って私の身体の上からぎゅっと抱き付いてきました。
    体の中から何かぞくっとするものを感じたのです。

    彼をそっと見上げると、キスをしてきました。
    そのまま舌を入れてきて、驚きました。私は初めてだったのです。ディープも、もちろんHも。
    彼に言わなきゃいけないかなっと思ったのですが、彼の唇が私の唇から離れるまえに、私は服を脱がされていました。
     私ももういいかなと思ってそのまま彼に体をあずけました。
    結局わたし達はそのまま1晩過ごしました。

     次の日の朝、他の部屋の人たちのうち、1組だけ私たちと同じようにやった人がいましたが、他の人は、何もなかったようです。
     よく考えると、別にホテルじゃなくても良かったのです。カラオケとかでもオールはできるし、少し後悔しました。
    N君とは、その後1回だけ2人で会いましたが、もう会うことはないと思います。

     彼はやりたくなったからやっただけで、何を考えて行動したと言うわけではなかったのです。
    だいたい男の子ってそんなものなんでしょうね。
    私も抵抗しなかったし、やっぱり感じました。女だってそんなものなんです。


  • 奇跡の透明感 平成6年生まれ 初のAVデビュー あべみかこ18歳

    奇跡の透明感 平成6年生まれ 初のAVデビュー あべみかこ18歳

    まだ○さ残るAカップのロリボディ。それもそのはず、なんと平成6年生まれ!チンチンを見て恥じらう彼女はフェラもオナニーも全部初めて。セックスに対する恐怖と好奇心の狭間で揺れながらも徐々に感じやすくなっていく。小さな穴が壊れるほどのセックスを体験!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック