飲み会の後に、そのまま処女喪失

kage

  • 短大を卒業して普通に就職しました。高校、短大と共学だったけど周りはいつも女子でした。
    友達は彼氏を作ったりしてたけど私には出逢いが無いというか、あまり周りに男子が居ませんでした。
    女子でグループを作っていたからよりずらかったのかもしれません。

    そんな私も会社に入るとやっぱり周りは男の人の方が多かったので、
    色んな人に誘ってもらいました。
    会社の飲み会とかで、おじさん達はやらしい話を平気でするんですが私は処女なのを隠して話をあわせていました。

    会社でお疲れ会みたいな飲み会があって、その時、私の一年先輩の彼が隣りに座ったんです。
    彼は「ゴメンね、やらしい話ばっかりでいつもそうなんだよね。」と優しく話し掛けてくれました。
    私も「大丈夫ですよ」なんて笑顔でお話していました。
    一次会が終わった後おじさん達は「風俗に行く」と言い出したので私は帰ることにしました。
    その時、彼が「俺は風俗なんて行きたくないよ」「一緒に飲みに行こうか?」と言うので
    「ハイッ」って一緒に飲みに行きました。

    ところが、「時間も遅いし、飲み屋に行くんだったら途中で買い物して俺んちで飲まない?」
    って言ってきました。
    私は別に何処で飲んでも同じだし、男の人の部屋を見てみたかったのもあって彼の部屋へ。
    彼の部屋について、彼が軽いつまみを料理してくれて、そんな事された事が無かった私はもうドキドキでした。
    それから飲み始めて、しばらくすると「彼氏居るの?」って聞いてきたんです。
    「居ませんよ。なかなか出逢いが無いんですよね」「もったいないなぁ」
    「先輩は彼女はいるんですか?」「居ないよ、居たら他の女の子を部屋に上げたりしないよ」と、そう言いながら私の肩を抱いてきたんです。もうビックリでした。
    まだ処女どころかキスもしたこと無かったので。。。。

    無言で長いキスをされました。
    私が抵抗しないでいるとセーターの中に手を入れてきたんです。
    乳首をやわらかくさわられて「アッ、ダメ」「でも気持ちいいでしょ?」「・・・・・」無言になってしまいました。

    そうするとスカートも脱がされてしまい、恥ずかしさと気持ち良さが合わさってポーッして何がなんだかわからなくなっていました。

    すると彼が乳首を舐めてきて、もの凄く感じてきちゃいました。
    乳首を舐めながらパンティの中に手を入れてきてあそこをなぜるように擦られました。
    そして・・・パンティも脱がされちゃいました。

    処女だと言わないと、と思って「恥ずかしいけど・・実は初めてなの」と言うと一応驚いたようで、「俺でいいの?」と言いながら、あそこを舐めてきました。すごく長い間優しく舐めてくれました。
    「汚いよぉ」「あそこすごくキレイだよ」「ほら濡れてきてるし」って初めてなのに濡れてきちゃったみたいで、耳まで真っ赤になるほど恥ずかしかったです。

    その後「入れるよ」って。
    その時、初めてちゃんと男の人が立っている所を見たんですが、大きい・・・。
    「怖い」と言うと「大丈夫、優しくするよ」って彼は優しくちょっとずつ入れてくれました。
    でも、とても痛くて「・・・痛い」と言うと「大丈夫もう少しすれば慣れるからちょっとガマンして」と、言われました。

    本当に彼が腰を動かすうちにだんだん慣れてきて、あそこがジンジンと痛かったのですが、濡れてだんだん気持ちよくなってきたんです。彼の腰の動きに合わせて声を出しちゃいました。
    イクって感じが全然解らなかったんですけど、もう気が付いた時にはぐったりしていました。
    横を見ると彼が腕枕してくれてて「大丈夫?」優しく微笑んでくれました。

    それ以来、彼とはちゃんと付き合っています。
    Hも週に2,3回していろいろな事をしてもらっています。


  • 処女膜崩壊 鮮血にまみれたSEX

    処女膜崩壊 鮮血にまみれたSEX

    汚れのない処女が好きだというマニアは世の中にたくさん居るが、そんな鬼畜なマニアたちが少女たちをしていく凄惨な映像がここに誕生。痛みが快感に変わっていくまで何時間でも肉棒を挿れっぱなしで射精を繰り返し、根元まで一気に処女膜を崩壊していくファック。翻弄され鮮血に染まっていく少女たち。猛者の貴殿に是非見て頂きたい珠玉の驚愕映像。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック