初エッチは23歳になってから

kage

  • 私は※※生の時からオナニーやってて、㊥学生の時には女友達とキスしたり、昔からエッチな事にはすごく興味がありましたが、初エッチは23歳になってからの去年です。

    それまで男性には興味が無かったのに急に彼氏がほしくなって、友達にお膳立てしてもらいコンパをしたんです。相手は2つ年下の大学生3人と私たち3人。
    「年下だし、ここから広げていけばいいや」って思って、その場は楽しく飲んでいました。

    友達はいつになく酔っぱらって気分が悪くなってしまったみたいで、公園でしばらく休んだ後に、11月で寒かったのでガストで休憩しました。
    ガストで私の前に座った男の子の目がぼんやりとすわってて私を見ています。
    「なに?」と聞くと「別に」と言って目をそらします。
    その時はたんに酔っぱらっているんだろうと気にしませんでした。
    しばらくして友達の具合もよくなったので解散。

    私は友達を送って家についた頃に、さっきの子から電話がかかってきました。
    「これから会いたいんだけど」
    「は?解散したのも0時すぎだったし、家も遠いからまた今度にしない?」と返すと、「いまからそっちに行くから会って欲しい」と、なんとなく気迫に負けて会う事にしました。

    さっき休憩したガストで待っていると彼が入ってきて、来てそうそう「移動しようか?」なにがなんだか解らなかったけど、近くの公園まで行きました。
    「A君(コンパした別の男の子)のこと気に入った?」と聞かれたので「別に?」と応えると「ふーん」とそっけない返事。

    呼び出しておいてなんの用だったんだろうか?と思っていると彼は私の顔をじーっと見つめて来て、私はあまりじっと見られるのが好きでは無いので、けげんな顔で「なに??」と言って離れようとすると、肩をぐっと寄せられました。

    右手は私の肩を抑えて、左手は胸に…
    「は???」と思って慌てて左手を払いのけようとしたけど、有無をいわさず触ってきた。
    どうしようかと思っていると、手はコートの中へ。
    オロオロしてるとキスを。
    なにがなんだか解らないでいると、胸を揉みながらキスされました。
    さらにキスも胸を揉むのもエスカレート。

    私にとっては男の人とは初めてのキス。しかもDキス。
    長いDキスで「息がうまく出来ない」って言うと俊介はニコニコして「もっとしたい?」って言ってきた。
    「もっとって?」と聞くと、「セックスしたい」というので「それはイヤ」と断っても、押しは強くてどんどん迫られました。

    あまりにしつこく迫るので「わたしSEXしたことないから」と本当の事を言うと「それでもいいからしたい」というのです。
    あまりに押しが強いので根負けしてエッチする事になってしまいました。

    初めてのエッチは車の中。
    初めておっぱいを吸われて、感じて濡れてるのを感じました。
    彼も興奮したのか、息も荒く覆い被さってきて、初めて男の人にアソコを触られて、「こんなに濡れてる」と言われた。

    挿入の時、初めてのエッチは痛いと聞いていたので、覚悟はしていましたが全く痛みは無し。
    むしろ最初から気持ち良かったです。
    これも小学校からしてきたオナニーのせいかな??と少し思いました。

    挿入してから起こされ、私が上になる形。
    私は彼の上で腰を振ると、俊介は「いいよ。すごい気持ち良い。」と気持ちがる。

    私はもっと張り裂けそうなのを想像していたのでちょっと「あれれ?」という感じでしたが、当時は初めてなのでくらべる物もなく。エッチとはこういうものなんだな。と思いました。

    その後、彼とは3ヶ月ほど付き合って別れてしまいました。
    今は新しい彼氏がいます。彼の物はアソコが張り裂けそうなくらいギュウギュウで、前彼は小さかったから痛くなかったのかな?と今さらながら思っています。


  • 「俺、女っす!」 処女喪失 翼 DEBUT

    「俺、女っす!」 処女喪失 翼 DEBUT

    ―美男子。これが翼の第一印象だった。腋毛、鋭い視線と骨ばった四肢、荒々しく女性を抱く姿。今まで20人もの女を抱いてきた翼だが、彼の性別は女、そして処女。
    翼は何故処女喪失を決意したのか。初めて見る生チ○ポ、精子の味。濡れるマ○コ。そして処女喪失。最後に翼が見せた涙の訳には、我々の想像を超えた意味が…。



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック