遊んでる子に憧れてた処女の末路

kage

  • わたしは、ずっと真面目で地味な女の子でした。
    遊びとかも知らないし、男性とお付き合いしたこともありませんでした。
    もちろん処女。ていうかキスの経験すらありません。
    お酒を飲んだのも大学に入ってサークルの新歓コンパが初めてだったんです。

    そんなわたしの秘密は、左足の太腿の付け根、内側にちいさなチョウチョの刺青があることです。
    親元を離れて下宿生活を始めてから、すぐに彫りました。
    わたしって本当にいままで真面目なだけで、何の取り得もなくて、ささやかな反抗だったんです。
    大学に入ってから髪もそめて、お化粧も少しだけ派手にして、服もかわいいのや色っぽいの
    やらを買い揃えました。

    そして、初めてお酒を飲んだ新歓コンパの事です。
    お酒は割と強いみたいで、自分がどれくらい飲めるかも分からないまま、イイカッコして
    勧められるまま飲んでいました。
    女性の先輩に止められたのですが「このくらい大丈夫です」って、ちょっと気持ち良くなってた
    のもあり、言っちゃったもんだから、みんな面白がって「酔い潰しちゃえ」って、
    どんどん飲ませられました。

    気がついたら、グラングランで立てない状態。
    正常な判断力を失ってるなんて事も本人はわからないですよね。

    それで、わたしは調子に乗ってチョウチョの刺青を見せてしまったんです。
    そしたら「こいつ、相当遊んでる」ってことになって、男の子たちが、わたしのまわりに
    寄ってくるんです。

    これまで、男の子と縁がなかったわたしは、これが楽しくて、嬉しくて、見栄張って、
    あることないこと、なんかいっぱい喋ってたみたいです。
    このあたりから、あまり記憶がなくて、ところどころしか記憶がありません。

    あとで、女性の先輩に聞くと「酔うと誰とでも寝ちゃう」とか言ってしまったようです。
    キスすら全く経験ないのに、酔ってたとはいえ、どうしてこんなことを言ってしまったのでしょう。
    それまでの親からの抑圧とかへの反動だったのかもしれません。

    そして、コンパがお開きになって抱きかかえられながら店を出たわたしは、
    男の先輩たち数人にラブホテルに連れ込まれました。

    あっという間に脱がされて、オッパイ揉まれて、キスされて、アソコを舐められていました。
    口移しでビールとかも飲まされて、訳分からなくなって、時々むせたりしてて、
    気付いたら男の人のアレを口に入れられて、飲まされてました。
    「やりまくってるぞ、この子」って、声が聞こえて、そのまま挿入されて、
    腰を振っているのを見上げて見ていました。
    わたしは頭の中が真っ白。
    「入れたら締め付け気持ち良いぞ」って耳元で囁かれました。

    このとき、男の人の誰がいたのか、何人いたのかも覚えていません。
    次々と新しい男の人が入ってきて、その間、わたしの手には別の男の人のを握らされていました。
    口の中でも蠢いていました。わたしはやられっぱなしでした。

    訳が分からないうちに一通り終わったみたいで、男の人たちは何か飲んだり喋ったり。
    わたしはぐったりして動けなくなってて、酔いも少し覚めかけていましたが、
    意識がゆっくりと戻ってくると、もう朝。

    なんとか正気に戻って、とにかく服を着てラブホを出ようとしたら、パンツが無く、
    聞くと寝てる間に失禁したみたいでゴミ箱に捨てたそうです。
    それで仕方なくノーパンで、とりあえずラブホから自宅へと帰りました。

    それからもサークルでは、よく「飲み会やろう」って誘われますが断っています。
    女性の先輩やサークルの人たちにも、あの後ラブホに行ったのがバレていて、
    遊んでいる子と思われてしまいました。
    処女だったのも気づかれず、誰にも思われていません。

    元はと言えばわたしの見栄が原因で、そういう風なのに憧れて、見られたかったのですが、
    こんな風に本当になると、ありのままのわたしの、処女のわたしが良かったです・・・
    でも、もう誰も信じてもらえそうにありません。

  • 【フルHD個人撮影オリジナル】元着エロアイドルかなちゃん③シェリルナースでローションマット

    【フルHD個人撮影オリジナル】元着エロアイドルかなちゃん③シェリルナースでローションマット


  • 顔はロ○なのに乳輪が異常にデカすぎる下品な地味っ子少女 ほぼ処女18歳 1本限りの中出しAVデビュー 川崎みなみ

     ほぼ処女18歳 1本限りの中出しAVデビュー 川崎みなみ

    私脱いだらすごいんです!……乳首が(照)。眼鏡とおさげが似合う委員長タイプの地味っこがAVデビューを決意。脱がしてみたら、真面目そうな顔には似合わない、下品などでかい乳輪がこんにちは。その恥ずかしい乳輪責めから、拘束してオモチャでイタズラ、果ては3Pまで、うぶな文学少女をセックスづけに!



関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック